chaba log2

2020/08/12

精霊生活 25話

カテゴリー: 漫画 — タグ: — chaba @ 15:39

「精霊生活」漫画25話。大精霊たちとの契約のためにはレベルアップが必要ということで、大規模なアンデッドの巣に狩りに行ったら、知性を持つジェネラルゾンビに口論負けしそうになる話。ほぼゾンビと対峙してるので萌え成分が足りない…けど、コレでシルフィと契約して町に行くとか、他の精霊と契約して「聖域」に繋がるとかいう重要なステップではあるんだよな。

2020/07/14

精霊生活 漫画更新

カテゴリー: 漫画 — タグ: — chaba @ 12:52

精霊生活」漫画版更新。何故か今回は番外編として4コマになってた。いつもよりだいぶページも少ないのだけど、コロナ絡みの制作の都合とかあったりしたんだろうか。まあいつもの面々でわいわいやってるから良いです。そして7/21に漫画4巻発売。Kindle版だと書影が無いので書籍のほうでリンク張りますが、シルフィ&ベルが表紙に。やっぱりノモス&トゥルは起用されなかったか… イフ&フレアが出てくるのはまだまだ先ですし。その前に弟子たちが加わればそっちも起用されそうだな。

2020/06/13

精霊生活 24話

カテゴリー: 漫画 — タグ: — chaba @ 05:13

「精霊生活」漫画24話が公開されてた。大精霊たちの契約条件が明らかにされたことで、とりあえずレベル上げるぞとシルフィに連れられてアンデッド狩りに。ちびっこ精霊たちも同行するけど今回はサポートメインで、洞窟で先行してアンデッドが待ち構える位置を知らせる役割に。ゾンビのまねをしてみせるベルが可愛い。

2020/05/14

球詠 漫画版

カテゴリー: 漫画 — タグ: — chaba @ 04:26

「球詠」漫画版でアニメ版に追いつくところまで読んだ。漫画版での表現がアニメで端折られているところもあるし、逆にちょっと描写が加わっているところもある。共通しているのは日常描写より野球描写に力が入っていることか。最初の練習試合で例の魔球がワンバウンドになったのを球姫が身体で止めるシーンとか、某キャラの初ホームランのシーンとか。各キャラの見せ場となるシーンがとにかく熱い。なのでこういった表現をアニメ版でも踏襲して、萌え描写より野球描写に力を入れることになってるんでしょうね。
正直、絵柄とかあまり好みでは無かったりもする。いまいちぱっと見でキャラに見分けが付かないし。アニメ版でも各キャラの名前や個性を把握できてな感じもあったので、それを覚えるのにもいいかなと思って読んでみたらしっかり面白かった。最初の練習試合の相手チーム、そのチーム内での人間関係についても漫画版では触れられているのだけど、ニコニコのコメントでこのあたりが端折られているのが残念とされていた理由もよく解った。
しかしちょっと気になるのは、長髪キャラがそのまま髪をなびかせてプレイしてることですね。実際は束ねるなりしないと支障があるんじゃなかろかと。まあそのあたりはフィクションなりというか、キャラの見分けを付けるために許容しないといかんことなのかもしれないが。このあたりは「ハチナイ」でもかなり気になったことで、それが仇となって同作では野球描写がおざなりになっていた印象がある。今後もアニメでは野球描写重視で行って欲しいものです。とりあえずキャラの見分けについてはだいたい付くようになってきた気もするが、まだ若干危ない。

追記:既刊7巻まで読みました。やっぱり野球描写が熱い。皆個性的だけど、特に双子の姉・息吹が時折見せる天才性が気になってきた。妹・芳乃の軍師ぶりも目立つけど、それも万能じゃなくて悩むところも出てくる。敵側も含めていろんなキャラの心情や背景を描いてくれてるのが良いです。あとやっぱり皆楽しそうに仲良くやってくれてるのが良いですね。主役の詠深はどんどんエースぶりが板に付いてきてるけどバッティングが苦手というのがいつもオチになってるし、しかし常に楽しそう。強敵とやるのが楽しすぎて試合中にどんどん調子上げて成長するぐらい。アニメでどこまで描かれるのか解らないけど、今後も楽しみです。

2020/05/13

精霊生活 23話

カテゴリー: 漫画 — タグ: — chaba @ 16:33

「精霊生活」23話公開。うっかり見逃すところだった。野菜の初収穫で浮かれていたけどちびっこ精霊達には全然受けなくてショックを受ける裕太。レインがシオシオになって心配するほど。そしてシルフィら大精霊たちとの契約に話が進みそう。シルフィと契約するといよいよ人のいる街に行けることになる。それにしてもやっぱり漫画だと絵柄もあってかコミカル展開が強調されて楽しい。ベルたちちびっこ精霊がそのへんをふわふわ浮遊してるだけで萌えるし。早く精霊がフレアまで揃って欲しいけど、まだ書籍版でも登場してないのでビジュアルが出てないんですよね。

2020/04/15

精霊生活 22話

カテゴリー: 漫画 — タグ: , — chaba @ 12:17


「精霊生活」漫画22話公開。ようやく畑で初収穫ができたあたり。収穫できたのは偉業だという話から「聖域」の話になり、大精霊達がその話に夢中になってしまうことで戸惑う裕太。聖域のためにイフを呼んだり迷宮探索を深めたりという流れになるのでしたっけ。ていうかまだ人の街に進出してないんだったな。街に行くと人間の知り合いが一気に増えて、いろいろ話が進展するのだけどいつになるのやら。まあとりあえず漫画としてはベルが可愛いだけで満足してますが。

2020/03/28

リアデイル & 航宙軍士官

リアデイルの大地にて」漫画1巻と、「航宙軍士官、冒険者になる」漫画2巻が出ていたので読みました。両方とも「なろう」発のチートもののコミカライズで、前者はファンタジーVRMMORPGがリアルになっちゃった系、後者はSFの装備でファンタジー世界に降り立っちゃった系です。前者は連載時に井戸マシンがなかなかに突拍子も無い描写をしているのが突っ込まれていて、単行本になって修正されていたけどやっぱりちょっとおかしい。まあでもほのぼのチートな話には影響しないし絵柄も好きだしSDキャラがやたらめったら可愛いので好きです。後者は順調に進行しているのですが、web連載のほうが停滞気味なのがちょっと気がかり。「リアデイル」のほうはwebでは完結していて、舞台を移した続編も書かれているけどこちらはいわゆるエタってる状態でしょうか。作者氏もwebでは別作品を連載してるし。
最近この「航宙軍士官」のようなSFが入ったチートものがちょっと気になっていて、「目覚めたら最強装備と宇宙船持ちだったので、一戸建て目指して傭兵として自由に生きたい」とか「ファンタジー世界に宇宙要塞でやって来ました」とかがお気に入りです。前者は連載継続中ですが「Elite Dangerous」みたいな宇宙傭兵ゲームの世界に入っちゃった系、後者も同じくゲーム内で宇宙要塞を持ってたらリアルになっちゃう系ですがファンタジー世界に行っちゃうところは「航宙軍士官」に近いかもしれない。元ネタにしたゲームがあるとすれば何でしょう、「EVE ONLINE」とかだと要塞を持てるのかな。要塞とともに120体の女性型アンドロイドを伴って無双するのだけど、残念ながら200話ちょっとで長期休載中。しかし同じ作者が書いている「戦国時代に宇宙要塞でやって来ました」は、同じ宇宙要塞とアンドロイドたちを伴って戦国時代に来てしまうという話。宇宙要塞では自給自足できるけど、せっかくだから織田信長を見に行ってみようぜーと上陸してみたら意気投合してともに戦国を戦うという流れに。これがまた面白くて困るぐらい。今大河ドラマでもちょうど同じ時代だし、歴史上の人物とか当時の社会情勢とかいろいろ細かく描かれているから非常に面白いです。現在800話近くあって連載継続中、ようやく半分ぐらい読んだけど先が気になって仕方ない。織田信長には出会えたけどまだその父の信秀の時代で、主人公が加担することで尾張がどんどん力を付けていく課程が小気味良いです。コレが面白すぎるので上記の漫画も買ったままなかなか読めずにいたぐらい。コレも書籍版は出ているようですがまだ手を付けてない。コミカライズも出て欲しいな。欲を言えば「航宙軍士官」「宇宙一戸建て」のコミカライズ担当氏のようにSF描写をきっちりできる(宇宙船や銃器とかが綺麗に描ける)方にお願いしたい。

2020/03/15

「月が導く異世界道中」漫画7巻

カテゴリー: 漫画 — タグ: — chaba @ 05:37

「月が導く異世界道中」漫画7巻が出てた。前巻のラストでは「亜空」に招き込んでいた冒険者が起こしたトラブルにより死傷者が出てしまい、その犯人が逃げるのを追って始末したところまでだった。そこから「森鬼」の訓練風景とか巴&澪のやいやい騒ぎやらコモエ登場やらが見られるのは楽しいのだけど、帝国の勇者・智樹が出てくるとなかなか辛い。自己中ワガママで「魅了の魔眼」により世間をかき乱すのも辛いけど、その勇者を利用する女神や帝国の裏を見るのも辛い。この漫画、基本コミカルベースでカワイイ描写も多いのだけど、殺伐としたえげつないシーンもそれなりに出てくるからなかなか油断ならんです。もともとがそういう原作なんだけど、漫画化されるとそういう落差というか可愛さもえげつなさもありありとビジュアル化されるのは強烈です。巴たちの「ゆかいな仲間」感は非常に好きだし、巻末のおまけ4コマとか見てると漫画担当氏はコミカル描写が上手い人なんだなとは思うのだけど。コミカルと殺伐が入り交じる、このへんは「オーバーロード」漫画にも通じるモノがあるかなあ。まあそういう作を気に入って読んでいるということではあるんだけど。
ところでコレの原作、もともと「なろう」掲載だったのがアルファポリスに移籍してたのだけど、今見てみたら2016/8でエタってたのが先月末あたりから地味に再開してるみたい。なにしろ長い話になってるので風呂敷広げすぎてる気もするんだけど、どういう着地を見せるんですかね。…しかしあらためて原作の膨大さを見ると、コミカライズがまだ1章相当しか至ってないことに気づく。コレ全部コミカライズしようとしたら何十巻要るんだろう。継続されても、人生で見終えられない気がしてきた。いやそもそも原作が終わってませんけども。

2020/02/11

「精霊生活」漫画20話

カテゴリー: 漫画 — タグ: , — chaba @ 19:15

公開されてた。土地がこなれてきたので森を作るための種まきを、ちびっこ精霊総動員で行う。なのでタマモが大活躍なのはもちろん、ちびっこ精霊たちが可愛く活躍してて楽しいです。種まきについていろいろ真剣に検討するタマモを、他のベルたちが眉間にシワ寄せて気持ちだけ参加してるのがおかしいw こいつらに早くフレアも加わって欲しいけど先は長いな…

2019/11/26

目覚めたら(以下略)漫画版

目覚めたら最強装備と宇宙船持ちだったので、一戸建て目指して傭兵として自由に生きたい」の漫画版が始まってた。「ご主人サバ」と同じ作者による作で、前者は「Elite Dangerous」的な宇宙SFゲームをベースにしていて、後者は「マインクラフト」などのファンタジークラフトゲームをベースにした感じの世界でチートな大活躍をする話です。今回始まった前者は、宇宙戦闘がしっかり描かれているのが嬉しい。書籍版も月末に3巻が出るそうな。同じSF系として「航宙軍士官、冒険者になる」も好きなんだけど、こちらはweb連載がどうにも滞りがち。
ちなみに同じ作者の「29歳独身は異世界で自由に生きた…かった。」もあって、普通の?ファンタジー世界でチートする話です。こちらは既に完結していて、書籍も10巻まで出ていて先日読み終えました。10巻完結まで出ていたってことはそれなりにセールスもあったってことなんじゃないですかね。文章も軽妙だし私はなかなか好きです。

古い投稿 »

Powered by WordPress