chaba log2

2019/10/13

FF14:大森林

カテゴリー: ゲーム — タグ: — chaba @ 17:35

ffxiv_20191011a

途中で怪しいおっさんに絡まれたりしつつも、舞台はラケティカ大森林へ。ヤ・シュトラが活動しているというこの地で新たな大罪食いを探すことに。

ffxiv_20191011b

ffxiv_20191011c

いきなり武装集団に包囲されるという手荒い歓迎を受けつつも、なんとか合流。そもそも罪食い対策の支援者としてこの地に滞在するヤ・シュトラ、すさまじい光エネルギーが接近している!罪食いだ!と、この方が警報を発したのが発端だったみたい。それはこれまでにヒカセンが取り込んできた大罪食いの光エネルギーだと解ってもらえて一安心。本来の名前は明かさない習性のこの地では魔女マトーヤと名乗っているそうな。

ffxiv_20191011d

ffxiv_20191011e

独特の風習を持つ集落でいろんなクエストも経験しました。荘厳な葬儀もありましたが、しかし静かな夜を求める人たちだけあってか洞窟内がやたらと暗い。いったん入ると出口に迷うぐらい暗い。普通に画面見ても解らないのでマップ見ながら方向定めるぐらい。

そして新しい地に出ると新しいギャザラーネタの宝庫なのです。LV73前後のクラフターのGC納品の素材もこの周辺にいろいろあったりするので、ギャザラー活動が楽しい。そのための装備品もちまちま作ったりするのも楽しい。自作のNQ品を装備していて、GC納品に同じモノが出たので作ってみたらHQが出来たのでそちらは装備に回して中古のNQ品を納品したりで楽しい。

ffxiv_20191011f

次のメインクエストのためにヤ・シュトラとサンクレッドが集落の外で待ってたりするのですが、彼らを放置してその周囲でほいほい草刈りまくりのヒカセン氏というなかなかシュールな光景を繰り返してたりもする。そんな中で、近辺で人が集まってモブハントも起きていた。しばらく採集ポイントを回っていてもドッカンドッカン火花は散るがなかなか倒せない感じだったのでちょっと覗いてみようかと竜騎士になって行ってみたら、なんか石化視線を食らってしかも別の雑魚敵に絡まれて危うく死にかける。やっぱりまだまだLV74程度ではモブハントは手出し無用のようです… とりあえずカンストするまでは参戦すまいと思ったところでした。あとやっぱりPC環境もまともじゃないと辛いかもしれない。まあでもモブハントのシャウトが聞こえてきて、それに「ノ」と応えるシャウトがざーっと流れるという光景を久々に見て、人の多い場所まで進んできたんだなという実感もわきました。

2019/10/07

FF14:ティターニア

カテゴリー: ゲーム — タグ: — chaba @ 05:29

ffxiv_20191006a

妖精郷の各地を巡り4つの鍵を得て、ティターニア討滅戦へ。討滅戦なので8人レイドとなるようで、ここまでのダンジョン戦とは違ってフェイスは使えないようです。例によってどこからともなく冒険者集団が現れては去って行く展開。

5.0「漆黒」では初めてのコンテンツファインダー使用ですが、しっかり攻略動画を見て予習してからトライしました。平均時間9分とか出たのでどうしようコレとか思ってたけど、その半分もかからずマッチングしたような。エントリー当初は私ともう一人のDPSだけでしばらく待ってたけど一気にシャキーン来ました。

ffxiv_20191006b

ffxiv_20191006c

攻略動画でギミック把握してたのが良かったのか、比較的順調にこなせたのではないかなと思います。途中ドタバタすることもあるのはいつものことですが。ご一緒いただいた皆さん、ありがとうございました。

ここもそうだったのだけど、歌付きのボス戦BGMって印象的なものが多いですね。無邪気さ・可愛らしさともの悲しさやちょっと怖い感じが入り乱れて響きます。最近経験したものだとツクヨミ戦も良かったしラクシュミ戦の曲も強烈に印象深い。って戦闘中はわりと必死なのでほとんど聞いてないから攻略動画で聞いたほうが印象強いのですけど。サントラとかボーカルコレクションとかあったら欲しい気もするけど、そうなるとレイドコンテンツ全然やってないのがあからさまになるのでちょっと躊躇する思いもある。

ffxiv_20191006d

ffxiv_20191006e

外ではユールモア軍が侵攻してきてましたが、夜が復活して新生ティターニアにより勢いを取り戻した妖精たちが押し返したことで撤退させることに成功する。とはいえ妖精の生き様からして積極的にユールモアへの攻勢に加担することは難しい、しかしお礼なら構わないよとも語るティターニア。ここ一番の大勝負のときに協力を仰ぐ形になるのかも?

ffxiv_20191006f

そしてここの完了によりフライングマウント解放。ようやくこの地でも飛べるようになりました。最近ギャザラー活動でよく来るので助かります。

ffxiv_20191006g

そんなギャザクラ活動ですが、裁縫をよくやるようになったせいかライトニングクリスタルの消耗が激しいです。マーケットで買うのもいいけどせっかくだから自分で取りにいくかと行ってみると、レベル差が大きいせいか追加ボーナスが結構出ますのね。+1とか+3とか、+10なんてのも出た気がする。

2019/10/01

FF14:弓とクエストとアマロと

カテゴリー: ゲーム — タグ: — chaba @ 05:01

ffxiv_20190930a

倉庫のために作ったサブキャラを、外に出して戦闘させてみました。弓使いです。まあまだレベル一桁ならひたすら楽勝戦闘ではあります。いろいろ狩ったりクエスト回ったりしているうちにLV5ぐらいになって、装備品もいくつか貰うのでどんどん更新していってます。弓術士クエストも受けてみました。この調子でLV17ぐらいまで上げてリテイナー持つまでいけますかね。

ffxiv_20190930b

そんな中でメインキャラではふと思い立ってゲロルトさんのもとへ。ずーーーっと長いこと放置していたクエストをやってみました。というのも、メインクエストを進行させると周辺のサブクエストが一気に開放されるのですが、そうなるとクエスト受注制限に引っかかって一気に全部受けられないことがしばしばなのですね。以前から気になってはいたのだけど放置してたらこうやってメインが進むたびに顕在化してしまう。上限30件において常に20以上は埋まっている状態なのでなんとか消化したい。
そういう思いでゲロルトさんとこに行ってみたわけですが、この後戦闘を要請されたのでどうしようかと思ったけどコンテンツファインダーの「制限解除」をすることで人数もレベルも制限されず、つまり現状のレベルで1人で挑めるのです。それによりゲロルトさんの要請でワンダラーパレス・ドルムキマイラ討伐と連続でクリア。ワンダラーパレスはドロップアイテム取るだけだったので取るモノ取ったら退出しましたが、ドルムキマイラのほうは面白いように削れて1分切るクリアタイムでした。まあ両方ともLV50対象のコンテンツですものね。それで気を良くしてガンガン行くぞーと思ったけどゲロルトさんとこはまだまだ延々と続くようなので、他に何か無いかと思ったら極ガルーダとかあったので試してみたらボコボコにやられた… 後はHardダンジョンとかが何個かありますね。一時期何でもかんでも無節操に受託しまくっていたツケがここに。隙を見て消化しておきたい。

ffxiv_20190930c

メインクエストでは最後の鍵を得るためにアマロ族の集落へ。4枚の羽根を持つ大きな鳥の姿をしたアマロはクリスタリウム周辺でもチョコボの代わりに騎乗動物として使われていました(厩舎に入れられるでもなくその辺に普通にたむろしてるのが印象的だった)が、そうやって人と触れて経験を積むと人語を話すようになったりもするらしいです。気性は穏やかなので共に旅して回ったりと友好関係を築く者も多いようですが、しかしその寿命が大きく違うので親愛なるパートナーを見送ったアマロはこういう集落に集まって余生を過ごしているらしい。なので語り口は穏やかだったり、身体のあちこちに不調を訴えていたりとなんだか老人会めいた雰囲気のある集落でもあります。
そんなアマロたちなので、危険な戦いに赴くための鍵を渡すのは抵抗がある様子。そういった流れで集落のアマロたちと交流していく(クエストをクリアしていく)ということになります。とりあえずなでて回ったりもした。最後の集落だからか、これまで回ったピクシー族やン・モウ族の集落にも何度か往復させられるなど、なかなか移動が多いこともありました。まだ風脈を集めきってない(配置物は集めきったけどクエストで得られるモノが残っている模様)から飛べなくて面倒だし。それでもメインやサブのクエストをいろいろ回っていると、独特の感慨が得られる場所ではありました。ヒトがいなくなってしまった地にて、種族それぞれの関わり方が感じられるのが面白いですね。

ffxiv_20190930d

ffxiv_20190930e

ところでこのアマロ集落の周辺ではなかなか有用な資材が豊富でギャザラー的にも嬉しい場所です。ミラクルアップル原木とか「未知の採掘場」でのダイアスボア原石に加えて、グリーングライダーを狩ることでその皮も採れます。これらが現在のクラフターレベルでわりと求められる素材なので、隙あらば狩りに行ってます。メインクエストが進行してもここにはしばらく訪れることになりそう。でもグリダニアからだとテレポ料金がわりとかさむので地味に痛い。

上図のような狭い画面にも慣れてきたような気もしますが、何が辛いって急にガクッとフレームが落ちることなのですね。調子良いときは非常に滑らか(宿屋室内とかでは60fps出る)なのだけど、不意にガクつくと面食らう。クラフターやっててもそのエフェクトが負荷なのかわりとガクガクするので、テンポよく作業したいのにややストレス溜まる。それだったら低空飛行安定なフル画面のほうがいいのかなーとも思うが、やっぱりブラウザを常に参照できる環境は捨てがたいのです。

2019/09/29

FF14:ドォーヌ・メグ

カテゴリー: ゲーム — タグ: — chaba @ 05:09

ffxiv_20190928a

ffxiv_20190928b

大罪食いに挑むための2つめの鍵を得るために、ドォーヌ・メグへ。2度目のフェイスではウリエンジェとミンフィリアが参戦していたのでそのまま起用してみました。ミンフィリアは「光の巫女」、ヒーラーイメージだけど普通にDPSのようです。まあ罪食いと戦う立場ですものね。

ffxiv_20190928c

そして挑んだドォーヌ・メグ、道中はまあいいとしてもボスで死ぬ死ぬ。1ボス2ボスでそれぞれ3回ずつぐらい死んでやり直しとなり、道中雑魚は復活しないけどなかなかに骨が折れて心も折れ気味だったのでいったん脱出して攻略動画を見ました。それでなんとかボスギミックを把握して再挑戦してもやっぱり死ぬ死ぬ。ボロボロになりつつもなんとか3ボスまでたどり着いて、ここは1回でクリア。なかなかにくたびれた。コレ、フェイスでNPC連れだからまだマシだけど、普通にプレイヤーと行ってたらと思うと怖いですね。今までだとダンジョンにたどり着いたらとりあえず引き返して攻略動画を何度も見てギミックを頭に入れてから気合い入れて突入、ということをやってましたが、フェイスやるにしても事前参照したほうがいいのかなあ… まあダンジョンのきつさを心置きなく堪能できるようになったと前向きに捉えておきたい。

何度も回っていたらそれなりに装備品も拾ったのですが、竜騎士用にはアクセサリーが2つぐらいだったかな。LV73でIL400という今までよりワンランク上がったものなのですが、またクラフターでマテリア付けられない事態に。とりあえず竜騎士用以外は倉庫キャラに回すとしよう。あ、ダンジョンでの取得品についてロットを気にしなくてもいいのもフェイスのメリットですね。

ffxiv_20190928d

ffxiv_20190928e

クリア後もいろいろありましたが、さっそく次なる鍵を得るためにン・モウ族の里へ。のっそりしたビジュアルの人たちですが、なんだか人間大好きらしくて人間から頼み事をされて代価を受け取ることを喜びとしている種族みたいです。なので罪食いによりこの地から人間が去ったのは寂しいと。鍵を得るためにまたここでいろいろクエストをやることでメインも進行する流れみたいですね。

ffxiv_20190928f

メインが進行すると装備レベルが上がってくるのでギャザクラも上げる必要が出てきます。ところで最近よく使っている1280×780のウィンドウモードだとこんな感じになり、UIが詰められ寄せられて重なってしまってかなり見苦しいというか普通に使いづらい感じになってしまいます。左下のログ欄がマイキャラを隠すぐらいに広かったので少し縮めているのですが、そうすると今度はフルスクリーンモードで縮んで浮いてしまう状態(本日3枚目の画像参照)に。ウィンドウモードの場合にはパッドを止めてマウス操作モードにすれば中央したのクロスホットバーが消えるので、右端にコマンドアイコン類を寄せれば少しは整頓されるかしらとかいろいろ考えています。

2019/09/27

FF14:ソロFC結成

カテゴリー: ゲーム — タグ: — chaba @ 07:57

ffxiv_20190926a

いよいよソロFC結成に動き出しました。別アカウントを取るためにスターターパックを購入してレジコードを取得、新規キャラを作ります。30日の無料プレイ期間だけの予定なので思い入れが無いようにおっさんにしてみたらなかなか渋い感じになった。あまりデフォルトから大した変更を入れずともそれなりに見られるビジュアルになるのはさすがですね。

手順としては、こちらを参考に、
・メインキャラでFC作成を申請
・新アカウントキャラをFCに勧誘
・新アカウントキャラの権限を「オフィサー」に設定して勧誘可能に
・メインアカウントをサブキャラに変えて、新アカウントキャラからFCに勧誘
・3人入った時点でFC認可可能になるので正式結成
となるはずが、上記3番目の権限設定ができない。まだ仮FC状態なのでそのへんの設定が不可なのか?

ffxiv_20190926b

なので急遽、新アカウント側に追加で2キャラ作成。さらにグリダニアへと新人冒険者が駆けつける事態に。結局これら新アカウント側の3人を次々に加入させることでFC結成の条件を満たして正式結成。これにより権限設定も可能になって、新アカウントキャラ側からメインアカウント側のキャラも勧誘加入できました。
これだったらメインアカウント側に3人作っておく必要もなかったかなとも思わなくもないけど、新アカウント側は30日限定なのでそれ以降も使うには課金が発生してしまうのだ。だから今のうちにメイン側に限界の8人まで倉庫キャラを作っておくべきなのかな。まあ後からでも課金すればまた使えますけども、ってことは課金で出し入れできる臨時倉庫にもなるか。とはいえメインアカウントの8キャラでもなかなか一杯にはできなさそう。そんなわけでいきなり7人所属という、名簿だけは無駄に賑わうFCとなりました。

とりあえずカンパニーチェストが使えるようになったので、いくらか荷物を移動させてみました。しかし装備品は未使用のものしか移動できないとか、チェストの出し入れが妙に手間でチョコボかばんとも違う気がするのが戸惑ったりとかで、ちと面倒だったりもします。まあそれでも活用していきたい。とりあえずGC納品を作るのに中間素材さえ入れておけないような状態だった荷物スペースをなんとか空けることはできた。次はカンパニーハウスかもしれないが…果てしなく金策がんばります…

ffxiv_20190926d

ffxiv_20190926e

せっかくなので、というかカンパニーチェストへの移動がてら新キャラで少々クエストもやってみた。まだ外には出ていなくてグリダニアの中を回っているだけですが。ひとまずエーテライトに触れてデジョン修得すると、ああコイツの冒険も始まったんだなという感じがしますね。あとモグレターが大量に来ていてなんだろうと思ったら、FF7やFF8などの衣装がいっぱい届いてた。これって長期契約プレゼントですよね。アカウント内の全キャラにそれぞれプレゼントくれるのか。そんなわけで「さいきょう」で着てみたらいろいろ落ち着いた服装になりました。少し成長したらFCマスターことメインキャラから装備をプレゼントしよう。マテリアたっぷり付けてやろうグフフ。

ffxiv_20190926f

ffxiv_20190926g

メインクエストではサンクレッドが過去のミンフィリアと対話してみたり(それをヒカセンは過去視で覗いていたり)、この地の大罪食いについて語られて討伐のためには各地を回らないといけないと説明を受けたりしました。上図に両方とも顔を出しているサンクレッドが主人公みたいだな。まあもともと主人公ぽいビジュアルですものね。

ffxiv_20190926h

いろいろありましたが、今日も楽しく掘り猫しています。新エリアに行くと新たな産物が採れて嬉しい。どんどん新しい素材を取り込むためにもソロFC結成が急務だったのですね。クラフターのレベルが上がれば必要な素材も変わっていくので。

ところで今回2アカウント動作のためにウィンドウ化して複数クライアントを起動したのですが、通常フルスクリーン1920×1080で描画しているのをウィンドウ1280×780で出してました。そうすると狭いせいか若干描画が軽いのですね。普段だと20fps前後だったりするのに狭いウィンドウだと40fpsぐらい出てました。もちろん2重起動だととんでもなく重いですが、単体起動ならこれはこれでアリかなーとも。イベントシーンとか戦闘とかだと広い画面の恩恵が大きいのだけど、ギャザラーやってるときはブラウザ開きたいことも多々だったりするのでウィンドウ表示も活用できそうに思った。まあUIがぎゅっと中央に寄せられて重なったりするので使いづらいのも確かなんですけどね。

2019/09/25

FF14:装備強化とツンデレ

カテゴリー: ゲーム — タグ: — chaba @ 19:44

ffxiv_20190925a

ffxiv_20190925b

しばらく装備品作りに専念してました。クラフターにギャザラーに竜騎士に。GC納品があればそれもやりつつ、素材集めては可能なものからどんどん作っていく感じで。刈場に邪魔なウルフがいると竜騎士になって排除することもありましたが、そのウルフの牙が素材として使えることもあったり。ただコレ、モンスタードロップのわりには売ると安いのね。討伐が手軽だからだろうか。

ffxiv_20190925c

ffxiv_20190925d

装備がある程度整ったらイル・メグでのメインクエストを進行。いくらか諸問題を片付けても、困りごと解決というより遊ばれているような感じだったのでフェオ=ウルちゃんの手助けもいただいてなんとか進行、幻惑を解除されてウリエンジェとも再会できました。われらがフェオちゃんはせっかく活躍できそうな場だったのになかなか呼び出してくれなくてやきもきしていたらしい。このツンデレちゃんめ、どうもありがとうございます。

ffxiv_20190925e

ffxiv_20190925f

ffxiv_20190925g

一方、グリダニアにはまた新たな冒険者たちが集まり始める…ってソロFC向けの準備が進んでおります。本格的にギャザクラをやりだすといよいよ倉庫が怪しくなってきたので。もう使わない装備品をマテリア化したりとかいろいろ詰め込みはしたけど焼け石に水ですし今後もどんどん素材が増えることになるし。
そんなわけでとりあえず追加種族を揃えてみました。だってリテイナーとか作った頃にはまだアウラもいなかったんだもの。これらのキャラもLV17まで育成すればリテイナーが使えるようになるので、倉庫としての機能が強化されることになります。ただそこまでにはメインクエストを進めないといけないし、ダンジョンも3つぐらい行く必要があるみたい。まあせっかくだからそのぐらいはやってみてもいいかなーとも思わなくも無い。めっちゃビギナーしてれば下手でも許容してくれそうかなと…なんなら竜騎士なら多少の経験はございますので楽かもしれませんが。白魔をやり直すのもアリかなあ、あるいはこの機にタンクを試そうかなあなんて思ったりもする。幸いにしてと言うか、装備品はメインキャラでいくらでも自作できますものね。
とりあえずヴィエラは露出が激しすぎるので、ひとまずケツを隠すものを着せたい。後ろ姿を見てるとどうにも気になってしまう。特にイシュガルドとか行ったら寒そうじゃないですか。それとも尻や胸元を晒してないと調子が出ないんだろうか。

2019/09/22

FF14:ミンフィリア

カテゴリー: ゲーム — タグ: — chaba @ 19:58

ffxiv_20190922a

軍隊を出してきたユールモアの将軍が面会に訪れ、先だっての大罪食い討伐を追求するがそれを撥ね除ける水晶公。罪食いを討伐して夜を一部でも取り戻したことで、水晶公とクリスタリウムはユールモアとの対抗姿勢を鮮明にする。その後ユールモア軍隊が「ミンフィリア」を拘束しているという情報が入る。このミンフィリア、罪食いに抵抗できる数少ない存在で、死んでもまた別のミンフィリアに転生するんだとか。そしてその最初のミンフィリアが原初世界から渡ったあのミンフィリアなのではないかという話に。罪食いとの共存策を採るユールモアには邪魔な存在なので拘束に至り、そのミンフィリアを救出奪還する作戦にヒカセンらも参加する。

ffxiv_20190922b

ユールモア軍が駐留している砦へと侵攻するイベントバトルになりますが、途中でアルフィノとアリゼーも加わって順調に進行していきます。最初はライナの案内をよく聞いてなかったのでしばし道に迷ったけど。そして奥地にてミンフィリアと合流、一緒に脱出だーと思いきや。

ffxiv_20190922c

例の将軍が立ちはだかる。かつてユールモアが罪食いと敵対していた頃からその先頭に立っていたという猛将で、一筋縄ではいかない。大技でガツンと弾き飛ばされて全員戦闘不能にされてしまう。

ffxiv_20190922d

このままミンフィリアごと囚われてしまうのかと思ってたら、ここでサンクレッド乱入。しかしそれでも将軍は強くて対抗しきれないでいたが、隙を見て転移。水晶公のアシストもあって逃走に成功。

ffxiv_20190922e

逃げた先は人を惑わす妖精たちが住まう地、「イル・メグ」。ここは来たことがあっても位置関係が解らなくなるなどの幻惑が妖精たちによってかけられているとのことで、ユールモアもクリスタリウムも手出しできないエリアらしい。ウリエンジェがここにいるはずなのだけど来たことがあるサンクレッドらもそれが解らなくなっている。その幻惑を解消するためには妖精たちのお手伝いをして機嫌を取る必要があり、そのためのクエストをこなすのが当面の課題ということのようです。

ffxiv_20190922f

そしてついに、新エリアでもギャザラー活動を始めました。きっかけはクエストクリアで貰える装備品で、最近のクエストではLV72でIL395の装備品をいろいろ貰っているのです。手持ち装備はIL385もしくは390なので、コレは使おうということで例によって箱で貰っているのを竜騎士で開けました。そして無事装備したのですけど、せっかくだからマテリアも装着したい思って…付けられない。対応クラフターがLV72無いと駄目みたいです。今までは余裕でクラフターが竜騎士を越えていたのに、最近はGC納品も(素材不足で)滞っていたのでLV71ぐらいで足踏み状態でした。マテリア装着自体は街でNPCに頼めば良いのだけど有料だし手間だしでやっぱり自力でできるに越したことは無い、なのでクラフターも上げないと!となった。そうなるとGC納品にも自分の装備作るにも素材が必要で、ちょうど上手い具合にクリスタリウム周辺のエリアはチョコボで飛べるようになってたのでちょいと出かけてみました。
とりあえず園芸師で刈ってみたはいいのだけど、装備がわりと貧弱なので取得率が低くて結構辛い。コレ装備も強化しないとなあ、だったらクラフター装備も上げないとなあということに。なのでますます素材集めが重要になってくるのですが、とりあえず装備調達のためには素材の自力調達にこだわらず買うのもアリかなあとも思えてきた。まだチョコボで飛べるエリアも限られてるし、しかし買うとなると何気に結構な額なのでコレは買うだけじゃなく余裕出てきたら売ることもアリだなとも思えてくる。いろいろ連鎖的にアレコレやんなきゃアレコレ必要だーとかなってきて、ストーリー進行の合間にギャザクラやるのもなかなかモチベーション上がって良いですね。

2019/09/20

FF14:SHADOW BRINGER

カテゴリー: ゲーム — タグ: — chaba @ 15:34

ffxiv_20190920a

アルフィノに続いて、砂漠の地アム・アレーンにてアリゼーと合流。ここでも合流に至るまでいろいろありました。

ffxiv_20190920b

荒れたこの地でも苦労しつつなんとか生きている人々がいて、悲痛な出会いがあったりコミカルな出会いがあったり。そんな中でアリゼーが行動をともにしているテスリーンのエピソードはなかなかに心に刻まれるものがありました…

ffxiv_20190920c

いろいろあってアリゼーとともにアルフィノの待つクリスタリウムに戻り、水晶公から世界統合の霊災について説明を受ける。かつて14に分裂した世界、属性バランスが崩れてしまうと原初世界に統合されてしまう現象が起き、それがこれまでに7回の霊災として繰り返されてきているそうな。そして光にバランスが振れてしまっている第1世界もその危機に晒されているという状況。

そうこうしているうちに、近隣の村に罪食いが大量に襲撃に来ているという急報が入る。

ffxiv_20190920d

一行が現地に向かうと、ここでフェイスが初適用されます。アルフィノとアリゼーに水晶公と、最初に出会ったヴィエラ女性ことライナの4人から3人を選んでのパーティ。アルフィノが学者でヒーラー、アリゼーが赤魔でDPS、そしてなんと水晶公はオールラウンダー。ここでライナを使うにはアリゼーと入れ替えしか選択肢無いのかな。あるいはヒカセンがタンクやるとかか。

ffxiv_20190920e

ffxiv_20190920f

オールラウンダーの水晶公は普通にタンクしてくれます。ただやはりさすがに先導はしてくれないようで、ヒカセンが先に行かないと進みません。そりゃそうか。回復はアルフィノがきっちりやってくれるのだけどボスの大技とかを連発で食らうのはさすがに厳しく、最初のボスで何回か死んでしまいました。死んだらスタートから出直しだけど、道中の雑魚は復活してなくてボスの位置まで移動する形になってました。そして2ボス3ボスと撃破。

しかし3ボスは「大罪食い」と呼ばれる大型の罪食いで、これを倒すと強すぎる光のエネルギーが放出されてしまってそれを浴びた人間も罪食いにされてしまう。

ffxiv_20190920g

ffxiv_20190920h

それを見て逃げようと促すライナ、しかし水晶公はこのためにヒカセンを呼んだのだと述べる。そして大罪食いから放たれる光を吸収したヒカセン、迷うこと無くそれを空に放つと、光の壁が割れて夜が蘇る。

ffxiv_20190920i

クリスタリウムにも夜が訪れ、人々は伝説の「闇の戦士」がやって来たのだと噂する… これぞまさしく「SHADOW BRINGER」、安寧の夜をもたらす闇の戦士。ひとまずこのエリアは光の氾濫を払いのけることに成功したが、これを広げていくことが当面のミッションということか。とか言ってたらユールモアが軍隊を差し向けてきたとかで穏やかでない雰囲気で次なる展開へ。

今回初めてフェイスを使いましたが、ストーリーの流れ的な違和感が減るのが本当に良いですね。途中に挟まれるイベントムービーもじっくり見ていられるし道中でNPCがストーリーに絡むことを(吹き出しで)語ったりもするし、何より死んでもやり直しに抵抗が薄いし自分で攻略を考えようという意欲も沸きます。経験値は普通のCFより控えめらしいけど、あとはドロップアイテムが豊富なら言うこと無いのですが、適合するのはリング1個だけでした。IL390で手持ちとILは変わらないけどパラメータは若干上がってる。何故かここでも妙にヒーラー装備を拾ってたような。先日のCFでもなかなかヒーラー来なくてマッチングしなかったし、ヒーラー不足を少しでも補おうとドロップアイテムがヒーラー用に偏ってたりするんだろうか。

2019/09/18

FF14:ユールモア

カテゴリー: ゲーム — タグ: — chaba @ 14:12

ffxiv_20190918a

「光の氾濫」により生存圏を狭められ、さらに「罪食い」にも脅かされる世界において、「罪食い」の襲撃を受けずに享楽を甘受しているという都市ユールモア。海上に立つ塔の様相ですが、なんだか下品なサーカス小屋みたいな飾り付けをされている。
限られた人しか入れないというユールモアの周囲にはバラック小屋群が形成され、いつか憧れのユールモアに入りたい人やもうすっかり諦めて窮乏を受け入れた人らが貧しく暮らしている。周辺の集落も荒廃が激しく、なんとか生きようとする人や諦めた人や、望みをかけてユールモア周辺に向かう人もいる。

ffxiv_20190918b

そんなユールモア周辺にて、中に入るための方策を探るアルフィノとヒカセン。どうにかしてユールモアに入りたいとアルフィノの荷物を盗む青年や、近くの村では村長を引き継ぎたい先代の娘がいたり。とにかく厳しい環境が示される。

ffxiv_20190918c

メインクエストやサブクエストの中で軽いバトルはいくつかあったのですが、まだIDを使うような本格的なバトルには行き当たらず。そんな道中でFATEにも絡んでみました。しかしそれにしてもこのエリア、自分以外のプレイヤーをほとんど見かけない。5.0始まってすぐの土地なので通り過ぎたらそのまんまなんですかね。そういう状況なのでFATEに入ってもちょっと寂しい感じでしたが、いろいろ調整されているのか一度にそう大量の敵を相手にするようなことは無かったので問題なくクリアできました。おかげさまで竜騎士のスキル回しも少しはましになってきたような気もする。

ffxiv_20190918d

いろいろあってユールモアに入れたのですが、街に入るきっかけとなってくれたのがこのドゥリア・チャイさん。彼女が画家を求めてそれにアルフィノが応じたことでヒカセンとともに入れました。なかなかのふくよかな人物ですが、ユールモアが享楽の街と聞いていたのでここには傲慢な富豪がひしめいてるんだろうなー使用人への当たりキツいのかなーとか思ってたらそんなことなくて、なんだか優しい婦人でした。アルフィノのことも気に入って可愛がっている様子でしたし。むしろスマートな旦那のほうがややキツい印象だけど、婦人に頭が上がらないようです。

ffxiv_20190918e

他にもおだやかで使用人を大事にする市民が多くて、どうなってるんだろうと思ったら、歌い手として招かれたのに喉の不調で歌えなくなった使用人を「ドン・ヴァウスリーにお願いして天に運んでもらおう」とか恐ろしい言葉を語るその主。しかもそれを喜ばしいこととして受け入れる使用人。

ffxiv_20190918f

そのドン・ヴァウスリーさんがこちら。まさしく醜悪に肥えまくったジャバザハット状態ですが、首長であるこの人物が罪食いを制御することによってユールモアの平和が保たれているらしい。その執務室?に人を襲うはずの罪食いを数多く侍らせる、異様な光景。住民は一種不気味な平穏さを保っていましたが、その異様さがここに集約されていました。そこでの出来事と会話により彼にアルフィノが啖呵を切ってしまったことでヒカセンとともにユールモアを出て行くことになるのですが、しかし絶対権力者にケンカ売っておいてよく無事にあっさり出てこられたものだなと思う。ユールモアから出て立ち去ろうとする一行をドゥリア婦人が追いかけてきて引き留めようとする一幕もあったけど、これって婦人サイドにも迷惑かからないのかなと心配になる。
ともかくそんな調子でユールモアはいったん引き上げてクリスタリウムに戻りました。今度はアリゼー探索です。

2019/09/16

FF14:白い闇の中で

カテゴリー: ゲーム — タグ: — chaba @ 14:57

ffxiv_20190916a

来月下旬頃に5.1が実装されるようですが、うちの子はようやく5.0本格開始。始まって早々になんだかんだで第一世界に飛ばされたヒカセン。「光の氾濫」により夜が消えてしまった世界、独特の色合いの風景にたたずむ。

ffxiv_20190916b

見かけた街らしいところに入ろうとすると、ヴィエラ女性が登場。クールビューティで格好いい。どこぞやのウサピョン村の住民とは大違い。この人も今後の本筋に絡んできたりするのかな。絡んでくるといいな。

ffxiv_20190916c

その街クリスタリウムではヒカセンを招いた張本人、水晶公と対面してこれまでのいきさつを聞く。元の世界で昏睡状態の「暁」メンバーはやはりこちらに来ていて、しかし時間のずれがあってそれぞれ数年の活動を既に行っているらしい。サンクレッドはフリーでなかなか捕まらない、ウリエンジェとヤ・シュトラはちょっと簡単に行けないところにいるということでまずはアルフィノとアリゼーのどちらかに会いに行こうとなって最初にアルフィノを選ぶ。同時に受託もできそうだったけどとりあえずはアルフィノに会いに行くことにしました。

ffxiv_20190916d

妖精みたいなフェオ=ウルを紹介され、この人のおかげでこちらからもリテイナーとか使えるようです。

ffxiv_20190916e

ffxiv_20190916f

ffxiv_20190916g

それから街中でクエストやってみたり、外に出て普通にバトルしたり風脈探したり。こういう活動やってると、また新たな冒険が始まったんだなというのを実感するところです。まだ交通の便も整ってないしレベルも足りないしで、普通に徒歩で移動してると普通に絡まれるバトルがなんだか新鮮というか久々の感触。街や集落でメインクエストが進行すると周囲にばばっとクエストマークが出るのも久々の感触ですね。レベルも上げなきゃですわ。…ついでにモブハントシャウトが流れて、全然行けねえ!という感覚も久々。レベル上げなきゃ。
クエストといえばメインクエストを進行するとちょくちょく装備品(の入った箱)を貰えます。これは従来の拡張コンテンツでも装備品を支給されるというのはありましたが、自分で選択するようになってました。それが今回は開いたジョブに対応した装備品になるということで、開けるまで未確定なところがポイントですね。IL385の品が入っているというコレ、ぶっちゃけ4.xラストのためにIL390で整えた竜騎士用には要らないので他に回したい私みたいな向きにはピッタリなのですわ。倉庫の肥やしになるにしても決めずにおけるのは助かります。…まあ次にLV70に至るのがどれなのかいつになるのかは全く不明なのですが。ギャザクラなら既に70越えてるけど。

ffxiv_20190916h

ちょこちょことクエストを片付けて、アルフィノと再会。荒野の中にあって謎の一大勢力を保つ都市に向かうことになるみたい。

ここまでInspiron4でやってますが、相変わらずというか普段のフィールド移動やバトルでは違和感ないけど、上記のアルフィノみたいなイベントシーンではカク付くことが目立つように思います。テレポした先のエーテライトに人が集まってたせいかえらく重くて、重力攻撃でも受けたのかと思うような重い歩みになったこともありました。
そしてある程度落ち着いたらギャザラー活動もやりたいなあと思うところ。やっぱり新しいエリアに行ったら掘りたい刈りたい(釣りたい、はまだ追いついてない)なのよ。クラフターも含めてクエストも始めなきゃですし、装備も調えたいねえ。しかしそうなるといよいよ倉庫が怪しくなってくるので、やっぱり以前検討したワールド移転&ひとりFCも真剣に検討したほうがいいのだろうか。あと混んでないワールドだったら人混みで重くなることも少ないのかなとも思ったりする。イベントのFATEとか人数が必要な場面なら今は他ワールド訪問もできるしね。現在のFCは離脱する必要があるけど、まあほとんど交流してないしね… 5.1で実装されるというフェローシップだったら交流というか情報交換とかやりやすくなってるのかな。5.1はギャザクラ向けの「イシュガルド復興」もあるし、いろいろ楽しみです。「ニーア」コラボは行くか解らんけど。そういえばコラボコンテンツってあまり行ってないですね…「モンハン」も「FFT」にも行ってない。あ、FFTは導入部だけやって、IL足りなくてIDには行ってないんだった。「FF15」は期間限定だからと行ってクルマも貰ったけど、同じく期間限定だった「FF11」「FF13」コラボが休止期間中だったので行ってないのが心残り。「牙狼」が5.1開始のタイミングで終了とも聞くけど、思い入れ無いからまあいいかなあとも。

ひとりFCのためにはワールド移転しなきゃと思ってたけど、現在の稼働状況を見ると以前は常に「混雑」だった現在地ワールドが「通常」扱いで新キャラ作成可能になってる。なんだろう、鯖強化とかして収容人数に余裕ができたんだろうか? あるいはワールド移動がある程度自由になったことで、人気ワールドに居住する必要性が薄れたってことなんでしょうか。追加キャラ作れるならわざわざ引っ越す必要も無い…のかな。しかし妙なのは、「優遇」扱いのワールドでも新規キャラ不可だったりすること。このあたりよく解らん。…とか言って時間おいて見てみたら、現在地が新規不可になって「優遇」ワールドが新規可能になってた。こちらのほうが納得感あるけど、なんだコレ。たまたま妙な状況だったときに見てしまったのか?? あるいはやたらと微妙な人員状況なんだろうか。FC設立用にいっぺんに多数追加しないといかんのだけど、途中でアウトになったらなんだか面倒なことに。

古い投稿 »

Powered by WordPress