chaba log2

2019/08/08

FF14:紅蓮祭2019

カテゴリー: ゲーム — タグ: — chaba @ 18:12

ffxiv_20190808a

4.3だ4.4だザバーンだドバーンだビビューンだバシャーンだとか言ってたら紅蓮祭が開催されてたので行ってみました。夜間だったので花火が上がってた。

ffxiv_20190808b

ffxiv_20190808c

アトラクションとしては以前もあったアスレチック系で、これまた以前も出てきたミコッテ兄妹が再登場。空回りしがちなお兄ちゃんにヒカセンが先輩冒険者として指導します。動揺したらにゃんこポーズを見せてくれるお兄ちゃんがカワイイ。
しかしこのアスレチック、ゴールドソーサーでもいつも苦労してるだけに苦手です。ここでもやっぱり何度も何度も海に落ちてはリトライしました。ようやくゴールしたら「ここが裏コースのスタートだ…」とか何とか言ってるNPCがいてそれらしき足場があったのだけど、やっぱり飛びつけなかったのでリトライする気にもなれず。

ffxiv_20190808d

そして貰った衣装はこんな感じ。法被と鉢巻と足袋でお祭り3点セットといったところ? 夜間だったので画像の色調整してもいまいちちゃんとした色が出てないかもしれない。もうちょっと白いのかも。コレ頭装備を非表示にしたままだったかもしれない… 追加でポイントを稼ぐと赤や黒の法被や各種お面も貰えるみたいです。あと花火とかも。アスレチック以外に料理や釣りのアトラクションもあったようだけど未確認。

ffxiv_20190808e

紅蓮祭に前後してギャザクラのGC納品にも行ってましたが、なんかそこで他所の子とうちの猫(猫じゃないけど)がなんか絡んでた。見合った状態で尻尾ピンと立ち上げてフシャー!状態? こういうミニオン同士が絡むことって今まであったのかな。いつの間に実装されたんだろう。

2019/08/07

FF14:ツクヨミからザ・バーンへ

カテゴリー: ゲーム — タグ: — chaba @ 15:34

ffxiv_20190807a

そんなわけでいろいろありましてツクヨミ討滅戦。ここに至る経緯を詳しくは語りませんが、戦争してる中の群像劇だから基本悲劇になるのは仕方ないけど、なかなかに哀しい物語が展開されました。

ffxiv_20190807b

ツクヨミ戦は多彩なギミックに美しいBGMにと非常に力が入っている印象。メインストーリーのいわば積み残しにケリをつける話でもあります。しかしここでうちの子死亡。ごめんなさい。死因もよく解ってません。やっぱり黒白エリア色分けからの「死の宣告」を食らってたのかな。事前に攻略動画なども何度も見て、ギミックは一通り把握してたつもりなのですが…やっぱり急ごしらえでは動きもなかなかスムーズに行かないですね… 早いとこ「フェイス」実装されている5.0に踏み込みたい。そのためにもメインを進めないといかんのですが。しばらく床ペロしてたら復活をいただいたので、最後は何とか少しでも加勢できたのではないでしょうか。できてたらいいなあ… とりあえずご一緒いただいた方々、ありがとうございました。ちなみにこのCFでは10分以上の待ち時間がありました。それでいてシャキーンは一気に来るので、ある程度まとまった人数ごとにルーレット対象者とかを振り分けてるのかもね。

ffxiv_20190807c

ツクヨミ戦を終え、邪神召喚の情報提供のためにとアルフィノが帝国側へ。このあたりで4.4に入ったようです。

ffxiv_20190807d

そうすると道中で襲撃を受けてアルフィノ主体のバトルが展開。学者ってどうするんだっけと慌てましたが、まあヒカセンのようにさほどキツい相手が来るわけでもないのでなんとか凌げました。

ffxiv_20190807e

バトルを終えると、途中で助太刀に入った人たちに付いていくことに。帝国艦なのに帝国兵に襲われたらしい現状、このまま帝国サイドの迎えを待つわけにも行かず。助太刀の人がガンブレードを装備しているのは、このあたりから5.0に繋がる要素を徐々に出していっている印象。

ffxiv_20190807f

そうしてアルフィノが消息を絶った情報が「暁」サイドにももたらされ、じっとしていられないアリゼーとともにヒカセンも動く。帝国に向かう途中にある「ザ・バーン」がその地らしいということで、ID攻略が必要みたいなのでとりあえずここまで。

2019/07/15

ドクターマリオワールド

カテゴリー: ゲーム, スマホアプリ — タグ: — chaba @ 20:14

drmario001 drmario002 drmario003

「ドクターマリオワールド」、やってみました。カプセルの移動方向が上からだったのが下からになったのが一番大きな変更かと思いますが、基本は3マッチそのままのドクターマリオです。消した後に残ったカプセルの片割れをある程度自由に移動できるのも大きいかもしれない。とりあえずはソロプレイモードでステージをクリアしていく形ですが、先に進むに従ってブロック(破壊可なものと不可なものがある)が出てきたり亀の甲羅(消すと横に吹っ飛んで一列消す)が出てきたりといろいろギミックが追加されてくる。ブロックの中に隠れたウィルスとかも出てくるし。最初の20ステージはスタミナフリーでどんどん進めましたが、その先はスタミナ制で数回ずつしかできないようです。課金すればそのへんもガンガン行けるのでしょうけど。あとVSモードもあるみたいですけどまだ試していません。
スマホで移植パズルゲームというと「ルミネス」も出ていましたが、アレはどうにも合わなかった。回転数や落とす場所をかっちり想定通りに入力できないと気持ちよく進行できないので、上手く行かなくてストレスが溜まった。指で捜査対象ブロックが見えないのも辛かった。そのあたり、今作は比較的ゆるいシステムになっているのか、今の所さほどストレスを感じるほどではありません。上からだったのを下からに変更したのも功を奏してるのかな。

2019/07/14

FF14:クガネの夕日

カテゴリー: ゲーム — タグ: — chaba @ 18:19

ffxiv_20190714a

園芸師に続いて採掘師もLV71になったのはいいのですが、GC納品で5.0エリアの収集物を要求されることが多くなってきました。なのでメインクエストを進めるべくクガネへ。おそらく4.2が始まったばかりのあたり。ゴウセツとヨツユが生存しているらしいことを知らされるが、帝国も同じ情報を掴んでいるようで。先に身柄を確保すべく動き出す面々。

ffxiv_20190714b

途中でナマズの情報屋に再会したりゴウセツの刀を買い戻すのにアルフィノが剛毅な支払いをしてしまってタタルさんに怒られたりしつつ、クガネの夕日は美しい。

ffxiv_20190714c

ゴウセツらの足取りを追って紅玉海に行くと、海賊衆が帝国軍の襲撃を受けている。ここからイベントバトルに突入です。

ffxiv_20190714d

ffxiv_20190714e

NPCと挑むイベントバトルなのですが、帝国軍がわらわらで忙しい。一般兵はまあ問題ないのだけどロボっぽい大型兵器が火力も装甲もでかいのでなかなか辛い。どうにも削りきれずに失敗を重ね、何度も繰り返すうちに「蒼の竜血」を交えたスキルもどんどん使うようにして(最近全然使ってなかった)どうにかこうにか削りきってクリア。「超える力」の補正にもだいぶお世話になったんじゃないかと思います。疲れた。まだまだ全然竜騎士を使いこなせてません。木人相手に鍛えないとなあ。

ffxiv_20190714f

そしてゴウセツ&ヨツユと無事合流、若殿のもとに向かいます。ヨツユは記憶喪失の様子だが、なにしろこれまでの経緯があるのでにわかには信じがたい面々。ひとまず監視のもとで身柄を預かることに。

ffxiv_20190714g

若殿とともに帝国の動静を監視していると、停戦協議にとアサヒが来訪。ヨツユの義弟にあたる人物らしい。停戦にあたって、ヨツユを含む捕虜の交換が提案される…といったところまで。確か4.2と4.3で帝国絡みの話にいちおうのケリを付けるという話だったと思うので、ここからしばらくはアサヒらの活躍が見られることになりそうです。それが終わったらいよいよ5.0に向かう話になるんだったかな。とはいえメインだけじゃなくサブコンテンツも順次追加開放されていってるようなので、そのあたりもいろいろ気にはなります。それでもやはりギャザクラを進めたいために早く5.0に進入したいわけで、なかなか悩ましい。

2019/07/12

FF14:劇場版光のお父さん

カテゴリー: ゲーム, 映画 — タグ: , — chaba @ 13:54

ffotosan0712

劇場版「光のお父さん」、ようやく観てきました。実は結局TV版は観てないし原作たるマイディー氏のブログでも全部読んではいないのですが、これは観ておかないといかん気がしたので。
そして映画が始まると見慣れた風景に聞き覚えのあるBGM、ちょっと風景を見せてから戦闘シーンになりましたが、まさにFF14そのものです。4Kで撮影したというけどさすがに劇場の大画面では粗が見える。でも直後にリアル場面に切り替わったし、解像度の足りなさが仮想空間内なのだよということを強調する結果になってるかもしれない。もっと資金を入れればフォトリアルなCGを作り直すことさえ可能でしょうけどこれはこれで十分にアリだと思いました。それにしても各部で見せるキャラの演技が、モーションや表情などを知り尽くしたマイディー氏の表現力が発揮されてるのだろうなと思う次第。ついでに各所の風景も効果的に使われていて、クライマックス前にマイディー氏を中心としたパーティーメンバーが砂丘を闊歩して下りてくるシーンなんてカッコ良すぎてしびれましたよ。「よぉしだあああーー!!」も、アレって流れは原作まんまですよね確か。
リアルパートでは疎遠になりがちな父と子の関係をいろいろ描いていましたが、どこかのインタビューでもマイディー氏が語っていたように思うけど、原作にない妹の追加がうまいこと機能してたように思いました。いい感じに話を動かすキャラとして活用されてた。あとリアル同僚の女性が接近してくるというのも面白かったけど、あれも原作からの追加要素ですかね。マイディー氏はエオルゼアでは女性声優になるけど同僚キャラのほうはリアルのままというのが面白かった。あとリアルパートでもゲーム内のBGMあるいはアレンジバージョンがいいタイミングで流れたりして、それもヒカセンの気分を上げてくれました。
まあ基本的にはゲームを交えつつ人間ドラマで泣かせる話ではあるのですが、正直私の場合は見慣れたゲーム画面が劇場の大画面で展開されているというだけで泣けてきちゃうので。うあーイフリートだタイタンだすげーとか。ツインタニアは正直よく知らないけど、バハムート5層で新生当初では最強エンドコンテンツの1つだったのね。メインクエスト以外はバトルコンテンツをほとんどやってないから知らないはずだわ。そのうち私も行くことあるんだろうか。
小さな上映室で数人の客がいましたが、皆さんそれぞれのヒカセンなのかなとも思ったりした。皆さんヒカセン生活は充実してますでしょうか。私は…うーむ… 少なくともFCで普通に語るなんてことは無いですねえ。以前に所属していたFCはリーダーの人がやたら活発でイベントも開催してたけど、気が付いたらそのリーダーの人が巻き起こしたらしい妙なトラブルで解体してた。久々にログインしたら放り出されてたようで無所属になってました。その後別のFCに(無所属がうろついてたら普通に勧誘がガンガン飛んできますね)入ったけどあまり会話交流も無く。いやまあこちらから積極的に絡むこともしてませんしねえ。こういう、FCでの絡みの少なさがソロFCの動機でもあります。マイディー氏たちのようにプレイできればもっと楽しめそうだけど、なかなか難しいものですね。

そんなわけでいろんな感慨が湧いてきますが、とにかく楽しめました。値上がりした1900円分はありました。なかなか自分がずっとやってるゲームを劇場の大画面で観るなんてことないし。BDとか出たら欲しいかもしれない。そしてTV版もやっぱり観ておいたほうがいいような気もしてきた。BGMといい「よしだーー」といい、元ネタを知らない人を置いてけぼりにしている感もあるけど、まあ知らない人にもプレイ感の雰囲気ぐらいは感じてもらえるのではないでしょうか。

2019/07/10

FF14:宝探しとギルドリーヴ

カテゴリー: ゲーム — タグ: — chaba @ 18:09

ffxiv_20190710a

ギャザラー活動で掘り当てていた「宝の地図G9」を開いてみました。ソロバトルでいけるらしいということで。5.0になって竜騎士がさらに強くなったなんて聞きますけど、そういう強さを使いこなせる気がしません… バトルでもうちの子を輝かせたいのだけど、そのへん苦手な主で申し訳ない。そして問題なく敵を片付けて開いた宝箱からは、やっぱりほとんど使わない素材がいろいろ。とりあえず当面使いみちなさそうなモノは売却に回してみる。

ffxiv_20190710b

調理師を上げるためにクガネのギルドリーヴで綿実油をガンガン作る。綿実油だからどうにかして圧搾とかしてるのかな。ひとしきり上げると素材が減ってたので採りに向かう。

ffxiv_20190710c

紅玉海のカメさんの集落からほど近い海底で、紅玉綿花を刈りまくります。ひゃっほーい。なぜか水中に生えている綿花を刈り放題。スイスイ泳いで回っていると、ギャザラーの悦びを思い出しますね。やっぱりギャザラーは楽しい。何が楽しいって昔は99だったスタックが999になってるのが楽しい。これ4.xのどこかのタイミングでしたっけ、アップデートで修正入ったときには歓喜したものでした。以前は99を越えないようにとか198を越えないように気を付けていた(倉庫圧迫するので)ものですが、なかなかそう簡単には999を越えないので、気の済むまで採りまくれます。今回は300ぐらいでとりあえず満足しました。

ffxiv_20190710d

そんな感じで刈りまくっていたら、園芸師がLV71になっていました。やっぱり初の71到達はギャザラーだった。なにしろ最近のプレイでは毎日のようにGC納品してるし、★がついたこともあったので一気に伸びましたね。それにこうやって実際にフィールドに出てのギャザラー活動がやっぱり伸びる。クラフターのほうも納品はしてるんだけどなかなかの手間だし全部毎日というわけにもいかなかったりなので。あとはやっぱり作業量が違いますね。コツコツと無数に大量に積み上げるギャザラー活動は経験値も積み上がってしまう。まあ楽しいので。むしろレベルキャップに突き当たったら寂しくなるぐらいで。

この後で今度は錬金術師でひたすら柿渋を渋ってました。これもクガネのギルドリーヴで。コレは革細工でも普通に使うので、柿は常時持ってるんですよね。でも柿渋で一気に消費するとまた柿採りに行かないとだ。ひゃっほーい。

2019/07/08

FF14:英雄の帰還

カテゴリー: ゲーム — タグ: — chaba @ 08:13

ffxiv_20190707a

とりあえずGC納品をやってみることにしました。ギャザラーの素材納品だけでなくクラフターの物品製作も。実際やってみると手順を全く忘れてるし一部使えなくなったスキルもあるようだし、そんなこんなでいろいろ混乱のもとで素材を無駄にすることもありつつなんとかいくつか作り上げて納品。ボーナス付いてるのを優先的に。とりあえずNQで仕上げるのが精一杯だけど、そのうち慣れてきたら品質上げてHQ狙うこともできるようになるのかもしれない。徐々に慣らしていきましょう。

ffxiv_20190707b

そのままクラフター装備で行ってみたゴールドソーサーではフンガー先生をやってました。LV70手前だと装備はコレになっちゃうのですよね。ドタール族でしたっけ風の衣装で、60台後半のクエストで各部を貰えた気がします。割と気に入ってるのですが、工作作業するにはちと邪魔そうな気もする。汚れも目立ちそうだし。黄色の光棒を振ってるとますます工事現場みたいですが、それが良かったのか5回とも生き残ってクリアとなりました。参加者はやっぱり少なめ。

ffxiv_20190707c

メインクエストの続きに行ってみると、リセがアラミゴの各種族・部族を集めて大会議を開催していました。しかしこの場でアナンタ族の急進派?、かつて召喚してIDバトルになっていた美神ラクシュミを再び召喚してしまう。上図でもアナンタが2人いますが、穏健派と急進派の両派閥から招待したのが裏目に出た形に。

ffxiv_20190707d

今回はCFが必要なバトルではなく、ソロでNPCと挑むイベントバトルになってました。それでも以前のバトルと同様の各種攻撃を繰り出してくるし独特のあのゆらゆらしたBGMを再び聞くこともできました。

ffxiv_20190707e

ここでのラクシュミの攻撃で光の玉を多数打ち出してくるものがあり、これが後方で戦っているNPCに触れるとテンパード化されてしまってイベントバトル失敗となるのです。その玉を特殊コマンドで消して回るのが重要になってきます。コレがなかなか難儀で、何度も何度も失敗リトライすることになってしまった。何度も何度も繰り返しても上手くいかないのでウキーッとなって攻略情報を探ってみたらどうやら玉をターゲットしなくても近づいてコマンド入れるだけで消せるようで、それを知ってようやくその場をクリアできました。
そうすると意外な人物の参戦により次の段階へ。バトル中にもいろいろドラマが進行していて忙しい。

ffxiv_20190707f

NPCとともにラクシュミを囲んでフルボッコ…とまではいかずなかなか沈んでくれませんでしたが、ちゃんと皆「頭割り」攻撃では集結してくれるしでなかなか賢い動きをしてくれてるように見えました。5.0で導入されているらしい「フェイス」はこんな感じなのかなとも思ったけど、この場は脳筋ばかり集まってるのでまた違うのかもしれない。

ラクシュミ戦をどうにか終えると、ナナモ様とラウバーンの話にも決着がついてリセが新たなアラミゴの復興に踏み出すことになりました。

ffxiv_20190707g

場面変わってクガネではやたらでかい人と細身の女性が並んで登場。ってしぶとく生き残ったゴウセツと記憶なくしたらしいヨツユなのですが。この2人が動き始め、そして帝国側でも何やら動きを感じさせる描写をちらりと見せて、ここまででようやく4.1が終わったらしい。4.2か.3に入ってるのかなと思ってましたが全然まだでした。

ffxiv_20190707h

リセからメインクエストの続きを受けて4.2が始まったようですが、今度はクガネからの呼び出しです。上の2人が絡んでくるのかな。とりあえず4.1が終わったときにラウバーンのミニオンを貰いました。猛牛ヘルム装備なのが独特。

そんなわけで4.1クリアに至ったみたいですが、再開するまで気にしていたILは結局全然関係ありませんでした。CFすら使わず。何だろう、ILを気にしていたのはラバナスタとかそっち方面のことだったのかな。それと3.x→4.0の頃にIL制限で進めないことが多かったので、いろいろごっちゃになっていたのかもしれない。そんな調子で5.0エリアに踏み込むのもまだしばらく先のことになりそうなので、慌てて移転とか個人FC作るとか考えなくてもいいのかもしれない。でもGC納品でギャザクラレベルが上がると納品対象もそっちの素材が要るようになってくるだろうし、早いに越したことはない。

2019/07/06

FF14:ナナモ様とラウバーンと鯖移転検討

カテゴリー: ゲーム — タグ: — chaba @ 17:10

ffxiv_20190706a

いつものようにゴールドソーサーに来てみたらやっぱり閑散としてましたが、ついにGATEの1つジャンピングアスレチックに誰もいないという事態に。混雑時には足場が見えないぐらいにごった返していたのに。革細工師スタイルでひとり立ち尽くす猫。尻尾が寂しく揺れる。みんなどこへいーったー… ってメインクエストとか5.0コンテンツに行ってるんでしょうけども。

以下4.xメインクエストのネタバレを含みます。ってそんなに重要な謎を明かしてるわけでもないけど。5.0に踏み込んでもメインストーリーを明かすのは現段階では遠慮しといたほうがいいのかな…

ffxiv_20190706b

そんな中で4.xの消化ぐらいやっとかなきゃねー、ILいくつ要るんでしたっけーとか思って見たらまだID段階にまで行ってないみたい。とりあえず指定地に向かうとラウバーンが帝国の残した施設を調べているところでした。そんな中でナナモ様から呼び出しを受ける。

ffxiv_20190706c

ffxiv_20190706d

ナナモ様の相談というのはアラミゴ復興とラウバーンの去就について。帝国の脅威が去った故郷に戻ろうとしている難民も多いので、ナナモ様としてもそれを支援したいので光の戦士は視察や検討を手伝うことに。守りたい、この笑顔。

ffxiv_20190706e

ffxiv_20190706f

お忍びであちこち(正門前の難民キャンプとかゴールドソーサーとか)回るなかで闘技場にも到着、ここでナナモ様はラウバーンと出会ったそうな。復興進むアラミゴにとどまるのか、自分のもとに戻ってきてくれるのか、いずれにしてもラウバーンの悔いのない選択を望むナナモ様。主従の想いが交錯する。こういう過去視ってある意味便利ですよね。

ただの支援だけじゃ駄目と言われたナナモ様は商人ロロリトにも相談するが、ここで面白かったのが復興の拠点としてアラガーナ・アラギリ・ソルトリーの3択が示されたこと。どこがどんなんだったとか覚えてないので上から選択してみたら、「アラガーナか、確かに石切場はあるが、しかし…」とか言われてアラギリも同様、最後にソルトリーでOKが出たのでソルトリーを復興の拠点とすることに。
そしてソルトリーに向かってみるとなんか周辺にモンスターが、とか言うのでようやくここでバトルイベントかと思ったらNPCのバトルを補助指導するだけでここでもバトル無し。

ffxiv_20190706g

ラウバーン、アラミゴ復興が一段落したらまたナナモ様の側に戻るぞと決意を新たにする。とりあえずここまで。所々でボイスの入るイベントもありましたが、ピピンさんのイケメンボイスも久々に聞けた。なんだかんだでバトルなしでここまで進行していささか肩透かしではありましたが。まあいいんですけど。ついでに途中でIL370の槍とか貰ってるし。手持ちの槍からパラメータもだいぶ上がってしまった。バトルはやってないけどクエストで経験値も地味に貰えて、竜騎士が革細工師を越えて現在トップに…と思ったら採掘師がその上を行ってました。GC納品してたのを忘れてた。なんかあるかなあと覗いたら手持ちに納品対象素材があったので。ギャザクラはGC納品していくだけでもある程度は稼げそう。LV上がったら素材がいろいろ要るようになってくる(新エリアに行く必要がある)だろうけど。あとLV70クエストを終わらせてないものもあった気がする。5.0のクエストもあるし各ギルドも回らなきゃだな。

ここへ来て思うはいよいよワールド移転してソロFCかなあと。4.xメインクエストを進めてみたのも5.0に入ってギャザクラするためですものね。そのためには倉庫キャラが切実に必要だ。現在地は過密鯖としてわりと有名なところらしく、新キャラ作成も不可のようです。そういえばログイン時に待たされたりエリアチェンジで待たされたりするのも過密のせいかなあと思ったりもする。そのあたりは空いたところに行けば楽になるかもしれないけど、デメリットって何でしょうね。CFについてはほとんど解消されてるでしょうし、FATEとかモブハントといった突発イベントに人が集まらないかもというのが懸念なんでしょうかね。DCの選択によっては日本語圏以外のプレイヤーも目立つらしいけど、むしろパーティ参加とかは気楽だとも聞きます。ただガチ攻略だとスキル名を英語で言われても解らん、とも。まあ英語交流はFF11やPSOでちょびっとだけ経験してはいますけども。文字打ちチャットはおぼろげに出来てもボイスチャットは無理。そのうち引っ越ししてネットカフェでFC作るかー。

2019/07/05

FF14:5.0始まった

カテゴリー: ゲーム — タグ: — chaba @ 14:22

ffxiv_20190705a

5.0記念?ということでローソンでビットキャッシュを買ってCrystaチャージすればいろいろ貰えるというキャンペーン、ようやく利用してきました。キャンペーン7/8まで、登録期限15日までってギリギリだったのね。なにしろローソンが近所になくて普段使ってないもので。そんな普段使ってないビットキャッシュ、ひらがなコードになってるのはちと驚いた。驚いたけど、日本人以外にはひどく使いづらいというセキュリティ対策にもなってるんじゃないかとも思ったりした。英数字より文字種も多いですし。ところで貰えるのはテレポ券とMGPと経験値アップ食品。以前にも何かで同様のを貰った気がしますが、それにしても7-11だったりファミマだったりといろんなコンビニをキャンペーンに使ってくる印象。家から一番近いのはファミマなのでファミマコラボだとわりと助かるのですが、今回みたいにローソン起用されるとちと面倒だわ。とりあえずCrystaも今月更新できないぐらいには減ってたのでちょうど良かったです。というわけで上図はゲーム内にちゃんと適用されましたよの図。

ffxiv_20190705b

5.0も始まって皆さんはメインクエスト進行に忙しいのでしょうか、ゴールドソーサーもわりと閑散としております。ログイン制限がかかるぐらい入り口は混雑してるのにね。そんなわけでメジャーバージョンアップ恒例のレベルキャップ上昇によりカンスト開放されました。でいつの間にか革細工師だけちょびっと経験値を得てました(上図赤線)。1200万超のうちの4700とか誤差ですけど。

ffxiv_20190705c

なんだコレと思ったら先日のバニー服を収めるためのミラージュプリズム作成でした。グリダニアの草むらに埋もれて淡々と。まだ竜騎士も70カンストからピクリとも動いてないのに先陣きって70越えに踏み込んだのは革細工師でした。ここからの流れで最近はゴールドソーサーもこのクラフター服で行ってます。LV70の自作装備ですわよ。HQじゃなくNQですけど… クラフターを一斉に上げていくと、こうやって自作装備が使えるのがちょっと嬉しい。そろそろリテイナーの服もアップグレードしてやらないととも思う。自前のギャザクラ装備はLV上がったところでどんどん処分してるので。

経験値以外にもメインクエストとかに踏み込まなくてもバージョンアップを感じることはあって、グリダニアのエーテライトすぐそばに新ジョブ「ガンブレイカー」の起点クエストの人が待ち構えてたり、あるいは新種族ヴィエラの人を見かけたりしました。長身で耳も長く立ってるからものすごくスラリとして見えますね。自分でも作ってみたい気もするけど今更育成もなあと思ってしまう。「なろう」系のゲームがリアルになっちゃった系の話だと、サブキャラを育成したりしなかったりした結果のドラマがいろいろあったりもしますわね。FF14だとサブキャラ以外にリテイナーや冒険者小隊といった周辺キャラもいるわけで。それぞれいろんなドラマがありそうという妄想も広がりますが、小隊は出来合いNPCからの選抜だからちょっと違うか。サブキャラといえばFF11では倉庫としての活用が一般的で私もやってたんだけどFF14だとどうするんだろうと思ったら、カンパニーチェストを使えばいいらしい。1人じゃカンパニー結成できないのでフレンドに協力してもらって作ってから抜けてもらうとか。まずアカウントをエントリーからスタンダードにすることで同サーバ内に8キャラまで作れるようになるのでそれをカンパニー内で回すことで倉庫8倍とか。リテイナーも2人ずつ付くからそりゃあ大変なことに。しかし今私がいるのは過密サーバになってたと思うので、キャラ追加するには移転から考えないといかんな。…こことか見てたら、2アカ作るとかネットカフェ使えば他人に頼らなくてもソロFC作れるなんて話も出てきた。やるならネットカフェが現実的かなあと思って検索してみたら結構あるのね。ネットカフェ利用料金のみでゲームプレイの追加料金とかは不要なのか。結構いいんじゃないコレ? 自前環境のノートPCを担いでいけばなんとかなりそうな気がしてきた。ってネットカフェPCで複数起動すればわざわざ持ち込まなくていいのか。あーでもあまり考えたくないけどパスワード漏れとかを考えれば持ち込みもアリか。
とりあえずギャザクラのLV上げも楽しそうですが、そうなると素材がまたいろいろと大変なことになるので収納を整頓しないと何もできなそうで、いよいよ倉庫方面のサブキャラが現実味を帯びてくる。まずは70いってない甲冑・錬金・調理を底上げするところから手をつけるかなあ。そして新エリアでギャザラーするにはメインクエストを進めるために竜騎士も(ILも)上げないとだ。

2019/06/24

FF14:走るバニー

カテゴリー: ゲーム — タグ: — chaba @ 05:24

ffxiv_20190623a

今週末にはメンテそして5.0アーリーアクセスも始まりますが、今週もゴールドソーサーです。最近気になっているのがこの子で、大きな螺旋階段の一つに一人ぽつんと座り込んで首をゆらゆら振っているのです。その様子は楽しそうに喧騒を眺めているようにも見えるんだけど、連れてきた保護者は遊び呆けて放置しちゃってるのだろうか、この子は迷子的な状態になってないんだろうかと心配になってくることもある。特にシステム的には永遠に待ち続けてるんじゃないかと考えだすとちょっと闇に飲まれそうにもなる。

ffxiv_20190623b

そんな子を見送って登った先の「ジャンボくじテンダー」、久々に4等が当たりました。100〜200MGPの出資で必ず1000MGP以上のバックがあるから毎回限度(3個)まで引くのだけど、いつも5等ばかりでこれまで4等が2度か3度程度。その上には未だ至らず。

ffxiv_20190623c

そしてGATEではみんな大好き「はないきフンガー」。フィールドに上がって待ち時間の間に無駄にエフェクトを放つのが流行りみたいですが、私はかつて桃の節句アイドルイベントで貰った応援棒?を振るのが気に入っています。まあ放置してればずっと振ってるので。なんだか交通整理みたいにも見えますが。そして今回、4回目までは生き残ったけどラスト5回目で攻撃を食らってアウトでした。しかし位置の関係か、土俵際ギリギリで落ちなかったのだけどやっぱりアウトだったみたい。

通いつめてMGPもそこそこ貯まったなあ、何か良いもの貰えるんだっけ? と見てみたらバニースーツがあった。バニーとバニーチーフとがそれぞれ一式あって、両方とも交換できそうだからこの際と思って交換してみました。あとディーラースーツみたいなのもあったけど資金切れ。なにしろ2セットで30万超、先日のFF15コラボの車が20万だったことを考えるとどれだけ高級衣装なんだコレ。

ffxiv_20190623d

そして着てみたらこんな感じ。左がバニー、右がチーフです。下っ端バニーのほうが華やかで軽いイメージ、チーフのほうが黒主体なのでちょっと引き締まって上司感あるかな。このフロアは私が仕切ってます的な。着替えているうちにゲーム内時間が経過して(影の長さ・角度が違います)、微妙に色合いが異なって見えてはいますが。なるほどなるほどと堪能して、さてミラージュドレッサーに突っ込もうと思ったらミラージュプリズムが足りない。コレってクラフターで作れるんじゃなかったっけと思ってメニューを見るけど一覧に出てこない。攻略サイト見てもLV30で作れるとかあるのに。よくよく調べたら、レシピ追加に「秘伝書:ミラージュプリズム」が必要なんだそうな。今まで知らんかったわ。コレ確か昔は鍛冶とか彫金とかのカテゴリーごとに別のプリズムが必要だったけどいつぞやのアップデートで共通化されたってのは覚えがあるんだけど、自作したことなかったみたいです。それで「ベスパーベイ」で秘伝書が買えるという情報により赴いて一気に全部購入、手持ち素材から革細工でいけそうだったのでとりあえずそれでプリズム作りました。クラフター自体が久しぶりすぎて操作をすっかり忘れてたけど、LV70クラフターでLV30のモノを作るには「作業」一発でいけると気づいてからは楽勝でした。HQも無いから品質に気を使う必要もないし。さすがに数量指定の一気作成はちょっと怖かったので1個ずつ手作業しましたが。
そんなドタバタを経てようやくドレッサーに無事収納しました。しかし収納していくうちに某王子の衣装とかもアーマリーチェストを圧迫してることに気づいて、今後も考えるとプリズムを大量に生産しておいたほうがいいかなとも思ったりした。まあ5.0が稼働すればまたギャザクラ活動も活発になってくるかな。とはいえメインを進めないと新エリアにもなかなか行けないでしょうから、まずは竜装備のIL上げたりメインを進めたりが必要か… スキル回し練習もやんないと… そういえばギャザクラのスキル回しも変更入るとか言ってなかったっけ。

古い投稿 »

Powered by WordPress