chaba log2

2020/04/08

FF14:漆黒のヴィランズ

カテゴリー: ゲーム — タグ: — chaba @ 18:11

ffxiv_20200408a

5.0のラスボスバトル。ちょっと半端な時間だったし5.25実装直後だったせいもあってか、30分以上待ちという表示で実際そのぐらい待ってようやくマッチングしました。DPSは早々に揃っても他がなかなか来てくれませんでしたね。

そんなラストバトルも皆さんのおかげをもちましてついにクリア。何度か危ないシーンもありましたが、なんとか死なずに乗り越えました。ありがとうございました。ていうかここでSSを見直して初めて気づいたのだけど、「LB」とリミットブレイクを要求されてるのね。もちろん私は気づかないし撃ってもいないのですが、誰か他のDPSさんが撃ち込んでたのかな。

ffxiv_20200408b

そしてエンディングイベントへ。特に終盤は怒濤の展開で、シナリオ評価が高いのも頷ける出来でした。いちおう「つづく」が出るところまでやったので5.1に突入したとは思うのですが、さてどうしましょうかね。まあすぐに追いつくものでもないからぼちぼちやっていきますか。最後のほうではメインクエスト以外はほとんど放置して進んでいたのでだいぶクエスト残ってるのだけど、他のジョブが上がって来れればそこで取るんだけどなあ…他は白60が最大でまだまだ遠いし今更ヒーラー上げられる気もしない。あと装備強化とかフェイス上げとか、クリアしてもまだまだいろいろやることはあるようです。

八男 & かくしごと 1話

カテゴリー: アニメ — タグ: , — chaba @ 16:49

「八男って、それはないでしょう!」1話。「なろう」発の転生チートもの。だいぶ前に読んでいた覚えがあるのだけど、いろいろ端折ったり構成をいじったりするのはいいんだけど、どうにもテンポ悪いというかグッと来ないというか、また辛い話が始まってしまったんだろうか感。コミカライズとかあまり読んでないのだけど、キャラデザインはそれベースなのかな。それにしても「なろう」系は視聴継続が辛い話が散見されてどうにも辛い。近作だと「防振り」「本好き」はヒットだったけど。アニメ化進行中という「クマ」とかも不安になってきた。

「かくしごと」1話。かくしごと=隠し事・描く仕事。というわけでエッチな漫画を描いている漫画家が愛娘に職業を知られたくないのでドタバタ奮闘する話…なのかな。久米田氏独特のタッチを小気味良いテンポで展開していて楽しい。リアルも絡めたパロディ…と言って良いのかどうか解らんようなネタも散見されていて、このあたりも久米田作品の魅力なのか。

気になる雑記:20200408

カテゴリー: 雑談 — chaba @ 04:14

「ファイナルファンタジーXIV」パッチ5.25が本日公開。松野泰己氏がシナリオを担当した新コンテンツ「セイブ・ザ・クイーン」が実装
今回は「セイブ・ザ・クイーン」と「スカイスチールツール」といった強化コンテンツが主題ですかね。

「原神」CBTをプレイ。7つの元素で満ちた美しい世界を,スピード感あふれるアクションで冒険しよう!
期待してますよコレ。スマホ版も出るみたいだけどPCでコントローラーでやるのが無難かなあ。アカウント共通でできるんでしたかね。

次世代機「PS5」のワイヤレスコントローラー外観が初公開。従来の機能を踏襲しつつSHAREボタンをCreateボタンに変更。マイクを搭載してヘッドセット無しにボイスチャットが可能に
白黒のパンダっぽいカラーリングに。DS4をベースとしつつちょっと丸まった? SHAREボタンがCreateボタンになったのは思想の変更か。

劣悪な環境にも強い二足歩行メカ登場!『No Man’s Sky』Exo Mech:Update 2.4配信開始
無骨なメカ剥き出しの外観でガシャンガシャンと歩行する。乗ったまま採掘とかできるらしい。

MMORPG「グラナド・エスパダ」をもとに作られた新作アプリ,「Granado Espada M」のタイトルロゴが公開に
3人パーティを1人で操作するのが特徴だった作のモバイル版?

JRPGに影響を受けた新作『Eternal Radiance』新トレイラーが公開―早期アクセスは4月14日より開始
JRPG風というのもすっかり1ジャンルになってる感じ?

Nintendo Switch用「リングフィット アドベンチャー」、ヤマダウェブコムにて抽選販売分の受付スタート
Joshin webショップ、アクセス殺到により「Nintendo Switch あつまれ どうぶつの森セット」の抽選販売を中止
希少で抽選販売までやってるのか。混乱もあるようですが。

バーチャル背景画像まとめ! ビデオチャットの背景をゲームにして楽しくWeb会議を進めよう
背景って汚い部屋を見せずに済むのかなコレ。

【故障多すぎ】任天堂にゲーム機の修理依頼多数!修理品の返却に遅れ、電話窓口はパンク寸前
Joy-conドリフトなどと呼ばれる現象もあるようですが、ウチのは稼働率低いせいか今のところ気にならない。

「CONTINUE」、「ドラクエ」の堀井氏や「ワンダ」の上田氏などが好きな食材について語る「人となり」を無料公開
ゲーム業界人に食材について聞く企画…?

声優の小岩井ことりさん、自宅で収録できる設備を整えてしまう
もともとDTMerで作詞作曲編曲録音歌唱まで全部やれてついでにモーションアクターまでやったMVとか作ってた方。あらためてその装備に感嘆。

69,800円ほどで買える堅実な出来のRyzen 5搭載ノート「Huawei MateBook D 15」
ファーウェイのスマホとの連携機能もあるみたい。Ryzen5でVega8で、FF14ベンチとかどのぐらい出るんでしょうかね。ウチのMX250よりは強そうだな。

定着してきた「オンライン記者会見」、新型コロナ禍1ヵ月で見えてきた工夫と課題 「午前中」開催や「50分ルール」も定着?
TVでもオンライン動画コメントを見る機会が増えてきた。

Mr.Children、「終わりなき旅」など20曲のMVをYouTubeでサプライズ公開 「やっぱミスチルは神だわ」「退屈な自宅待機にドロップキック」など反響
コレは嬉しい。懐かしい曲もたくさん。

「毎日やりますっ」「このシリーズ続けて欲しい!」 武田真治の“おうちで筋トレ”動画で運動不足を解消だ! 武田さんと一緒にストレッチ!
すっかり筋肉の人に。NHK「みんなで筋肉体操」も、なんか常に不意打ちなんですよね。女性版でファイルーズあい氏が出てたのには驚いたし。

テレワークや外出自粛でこもりきりの体に「気分転換セルフケア」! かんたんにできるストレッチやヨガをイラストで解説します
筋トレだけじゃなくストレッチも効きそう。

「我が家が公園化しています」 辻希美、自宅にトランポリンや鉄棒 杉浦太陽は筋トレ用にジム作り
そういえば杉浦氏もなかなかの筋肉をお持ちなのだった。

イギリス公務猫のラリーさん『世界中のノートPCの半分には猫が乗っているか傍にいるという報告がありました』→エビデンス画像集まる
いきなり「猫…?」な画像が出てくるあたりがポイント高い。

■Twitterから

見事な収まりぶりで馴染みすぎて見つからない。

2020/04/07

球詠 & 波よ聞いてくれ 1話

カテゴリー: アニメ — タグ: , — chaba @ 18:21

「球詠」1話。変化が鋭すぎて捕球できないから封印していた変化球、名捕手となった幼なじみとの再会によりバッテリー結成。投球練習してるだけなのにやたらと熱い。なにかと「ハチナイ」と比べられがちだけど、フォームがかなり野球している感じで好感。顔とかは作画が若干不安定気味な気もするが、今後も動作のほうに注力してもらいたい。

「波よ聞いてくれ」1話。豪快系ヒロインがラジオでひたすら喋りまくる話…なのかな。とにかく流暢だったり熱かったりという喋りまくりのパワーに圧倒される。しかしコレこそ実写に向いてるんじゃないかなとも思うが、実写だと喋りまくりなのはそれはそれでいろいろ難しいのかな。

スパイダーバース

カテゴリー: アニメ, 映画 — タグ: , — chaba @ 14:52

「スパイダーバース」観た。Amazonプライムの週末レンタルセールで100円だったけど、レンタル購入から30日有効で初回再生から3日間有効ということだったので週末越えてからでも大丈夫かと思ったら大丈夫でした。そんなわけで観てみたのですが、映像は確かに凄かったです。しかし終盤に主人公が覚醒するまでがなかなかとっ散らかった感でいささか辛かった。未熟な若者の成長譚というのは解るしよくあるパターンでもあるけど、未熟さを振りまきまくるのがどうにも辛い。まあでも映像は凄かったので満足感はあります。いろんなスパイダーマンが集結するというコンセプトで、フォトリアルなタッチから萌えアニメ系?なビジュアルまで。それが映像でも入り乱れるものだから派手で賑やかでした。どうやったらああいった異次元ビジュアルを作り出せるんだろうと、そのあたりはもう見とれてしまいました。

気になる雑記:20200407

カテゴリー: 雑談 — chaba @ 04:04

スマホ用リアルタイム海戦RPG「蒼藍の誓い - ブルーオース」本日配信 美少女に擬人化された艦船「戦姫」が登場
3Dで描かれた艦船少女たちが派手なバトルを繰り広げる、ということで「艦これアーケード」的な感じだろうか?

「フォートナイト」にデッドプールのスキンが登場! デッドプールのチャレンジをクリアし俺ちゃんのスキンを手に入れてくれ
やたらと銃器が似合うし殺伐としたプレイや挑発ムーブすらも違和感無く似合いそうだから困る。

【話題】バドミントン選手の奥原希望さん、『あつまれ どうぶつの森』ガチ勢だった!スケジュールがやべえwwww
各界で活躍する著名人がゲーマーだったりすると一気に親近感が。

Skype、アカウントもアプリも不要の無料Web会議サービス「Meet Now」を提供開始
EdgeとChromeのみ対応だとか。とりあえず企業向けのみで、個人向けにも7月ぐらいに提供予定。

■Twitterから

通称オフクロイドのシリーズ。

2020/04/06

グレイプニル 1話

カテゴリー: アニメ — タグ: — chaba @ 16:17

「グレイプニル」1話。何故かハイパワー着ぐるみに変身できる能力を身に付けてしまった少年がいろいろ巻き込まれる系。だいぶ前だけど原作が目について気になって1巻だけは読んだ気がする。独特の緊迫感とエロ描写が特徴的な作かもしれないけど、脅迫的ヒロイン?は評価が分かれるところなのかもしれない。作画は安定しているけど初回だけに今後どうなるか。

気になる雑記:20200406

カテゴリー: 雑談 — chaba @ 05:29

基本プレイ無料ピンボールゲーム『Pinball FX3』Steamにて「スター・ウォーズ」など2940円分のDLCが期間限定で無料配布中
基本プレイ無料で有料DLCが無料配布。

Zoom、パスワード強化と「待機室」追加 “Zoombombing”対策で
Zoombombingは犯罪 米司法省が警告
「ミーティングに悪意を持って入室し、不適切な画像を共有するなどの」行為をそう呼ぶらしい。

AMDはなぜ資金面で圧倒的に勝ると思われるIntelを凌駕するCPUを開発できるのでしょうか?
・ジムケラーすごい
・ジムケラーをうまく活用したリサスーすごい
・Intelの自爆
ということらしい。ジムケラーという人は「なろう系の主人公かお前は」と評するほど凄い人らしい。こういう話を聞くとRyzen搭載PCも使ってみたくなりますわね。

「5Gでコロナ拡大」英国で流布 政府が因果関係否定
地球平面説とか、最近こういった非科学的なデマが幅をきかせてる気がするのがちょっと心配。

エコすぎてヤバイ!「い・ろ・は・す」ついに○○もなくなるwwwwwww
ラベルを完全に廃してボトルの凹凸で製品名とかを表記。あとフレーバーの差をつけるにはキャップの色違いとかどうでしょう。

ホリエモンこと堀江貴文氏「何が何でも自宅待機が正義というわけでもない」
三密を避けた適度な外出、たとえばマスクして散歩とかなどは精神衛生上も禁ずるべきじゃ無いのではないかという話みたい。なかなか解釈が難しい話でもあるかもしれない。まだ鹿児島はそこまで蔓延している認識ではないが、表面化していないだけじゃなかろうかとも思っている。

夫と喧嘩した妻が不貞寝 → それを見た娘の行動が感動すると話題に
クスリと笑えてちょっと泣けてくるようなほっこりエピソード。娘さんの優しさが染みる。

■Twitterから

ふわふわ毛玉が崩れたときのインパクトよ。そういえば最近どこかで好戦的な毛玉を見かけたな。道路の左右両端で別の犬とすれ違うとき、他方は平然としてるのにポメラニアンのほうだけやたら咆えかかろうとしてた。

私の場合は、立ちくらみのときみたいに頭にノイズがぼわーーんと来るアレが強烈に急速に来たと思ったら終わってました。ただ喉に挿管ががっつり入ってる感触で目覚めたのが最悪だった。すぐに抜かれて「はいゆっくり呼吸してくださいー」とか言われて従ったら落ち着いたけど。

高速回転する棒上に配置されたLED?をモニタとすることでモニタ自体の存在感を無くして描画してるってことなんですかね。

なんか凄い。巨大な鏡を地球の周りに飛ばすということの意義はよく解らんけど。

2020/04/05

ギャルと恐竜 1話

カテゴリー: アニメ — タグ: — chaba @ 16:34

「ギャルと恐竜」1話。酔っ払った勢いで恐竜を連れ込んだギャル。そこから始まるシュールな日々。…コレって「ポプテピピック」と同じところが作ってるのですかね? 実写などいろんな映像を交えたひたすらシュールな世界が展開される。後半はカオス度が最高潮になって、なかなかに上級者向けな印象。視聴継続できる自信が無い。

戦国時代に宇宙要塞でやって来ました

カテゴリー: 読書 — chaba @ 05:41

戦国時代に宇宙要塞でやって来ました」、ようやくweb掲載分を読破して書籍版を読んでいます。ちょっと加筆分もあるみたいですが、基本的に流れはそのまま。SF系VRMMOで宇宙要塞と女性アンドロイド120体を率いてプレイしてたけどサービス終了したら戦国時代(の宇宙空間)に来てしまったということから話が始まるわけですが、自ら作り上げた拠点と配下NPCを率いているという点では「オーバーロード」と同じなのですね。ただ「オーバーロード」と異なるのはNPCが見目麗しい女性アンドロイドたちであるということか。あと世界征服の意図も無い…けど、織田家に加担して天下統一しそうになってるのは共通と言えなくもないか。その気になれば世界征服もできそうですけどね。
あと共通点として感じるのが、リアルになったNPCたちの自己認識ですね。創造主がデザインして作り上げたNPCの容姿にその当人は深い愛着と誇りを持っていて、それをバカにされると強く反発する。それは同朋のNPCに対しても同じで、原住民に別キャラを非難されると怒りを見せるというのも共通してますわね。ただNPCについて明らかに異なるのが、ゲーム世界への認識でしょうか。「オーバーロード」では自分が各マスターに作られた存在であることは認識しているけどそれがゲーム内だとは認識しておらず、しかし「宇宙要塞」のほうではそれをちゃんと認識していてサービス終了時には別れを惜しむような感情を示していました。そういう面では「オーバーロード」の配下NPCは、ゲーム内では感情を示すようなことは無かったと思われます。ただリアル化したあとでシャルティアの回想としてモモン氏とペロロンチーノ氏が語っているのを「ほうほう?」と横で聞いているシーンがあるけど、ゲーム内ではおそらくそういう描写はされてなかったんではないかと。どこでそういう記憶が付加されたのかを考えると眠れなくなりそうですが。「リアデイル」でも里子に出してNPCとして生きているサブキャラたちも、ゲーム当時は無言で付いてくるだけだったという描写がありますわね。
書籍版になってイラストが付いたのは良いのだけど、正直ちょっと物足りない感があったりもします。まあこのあたりは好みもあるしね… ビジュアルで見てみたい場面もいくつかあるのでコミカライズを待望しているのだけど、どうなんでしょうねえ… Amazonレビューとか見るぶんには評価は悪くないと思うけど。

古い投稿 »

Powered by WordPress