chaba log2

2020/08/15

デカダンス 5話

カテゴリー: アニメ — タグ: — chaba @ 17:53

「デカダンス」5話。撃破不能とされていたボス敵を撃破したその先には… ものすごくクライマックス感というか最終回でもいいんじゃないのってぐらいの盛り上がりでしたが、さらなる急展開で話は転がり続ける。

そして5.5話としてこれまでの総集編が。ストーリーやシステムについて再度振り返る感じに。

2020/08/14

SAO 16話

カテゴリー: アニメ — タグ: — chaba @ 17:50

「SAO」16話。アンダーワールドとリアルワールドのそれぞれで危機感とヘイトをガンガン盛り上げてくる。この原作者、とにかく悪役のヘイトを上げられるだけ上げてくるから始末が悪い。本当に辛い。コレがあるので原作も読む気になれない。ヘイトを盛り上げまくったところで倒すというカタルシスがあるのだろうけど、そこにたどり着くまでに見てて辛いし疲れ切ってしまう。

2020/08/12

ていぼう 5話

カテゴリー: アニメ — タグ: — chaba @ 16:12

「放課後ていぼう日誌」5話。潮干狩りの成果を食おうとしてたら顧問が来て酒乱だった話。

2020/08/10

ラピスリライツ 5話

カテゴリー: アニメ — タグ: — chaba @ 16:21

「ラピスリライツ」5話。合同で謎現象探索に出ているチームがいる一方、主人公チームは魔法すごろくに興じてウサギになったり10歳年齢が下がったりとドタバタ。相変わらずの作画の質の高さを見せるが、それにしても前回の3姉妹以外の名前が覚えられない。

2020/08/09

魔王学院の不適合者 5話

カテゴリー: アニメ — タグ: — chaba @ 17:54

「魔王学院の不適合者」5話。2000年前にアノスの配下だった人物の転生者らしき転入生が来たり、アノスのファンクラブがしゃしゃり出てきたりで一気に配下が増えた回?

2020/08/08

デカダンス 4話

カテゴリー: アニメ — タグ: — chaba @ 17:37

「デカダンス」4話。戦闘での活躍が認められたナツメ。敵の巣を把握したということで大攻勢に出るが、それはシステム側に用意された攻略不可能イベントだった。このままだと大多数が戦死してしまうのでナツメを止めようとするカブラギ。しかしそれを振り切って出撃するナツメ…といったところで次回へ。相変わらず展開が早くて作画は美麗。

2020/08/07

ていぼう 4話

カテゴリー: アニメ — タグ: — chaba @ 16:26

「放課後ていぼう日誌」再開の4話。前半で帽子と上着を買いに行き、後半でイカ釣り。エビの疑似餌がエギで、それを使った釣りがエギングだそうな。「肥薩おれんじ鉄道」で向かった先はどこなんでしょうね。後半で最後に本気出した大野先輩がカッコ良かった。このゆったりした時間を久々に思い出したのだけど、OPがなんだか全然覚えてない。EDはSDキャラでリズムとったりしつつの映像を何となく覚えていたのだけど。

2020/08/02

ラピスリライツ 4話

カテゴリー: アニメ — タグ: — chaba @ 17:56

「ラピスリライツ」4話。ヤマトから来た3姉妹、ツバキ・ナデシコ・カエデとそれぞれ髪飾りも付けているので覚えやすい。ドタバタしつつ魔法で救出のシーンはなんだかツッコミどころ多数でしたが、それより最後のステージがそこまでやたらとロックロック言ってた割にどのへんがロックなのかよく解らんかった。まあロックの定義自体よく解りませんが。

2020/07/31

魔王学院の不適合者 4話

カテゴリー: アニメ — タグ: — chaba @ 17:51

「魔王学院の不適合者」4話。姉妹の出生の秘密、そこから15年後に至る呪縛を断ち切ろうとする魔王に邪魔が入るが、「殺したぐらいで俺が死ぬと思うな」などの魔王パワーワード連発で理不尽を断ち切り踏み潰していく理不尽。「俺には知らないものが2つある。後悔と不可能だ」なんてのもあったな。半ばギャグになってるようなところもあったような気もするが、とにかくここまで来ると突き抜けた格好良さ・爽快感さえ感じてしまいました。最終回にしてもいいような盛り上がりぶりだった。

2020/07/28

デカダンス 3話

カテゴリー: アニメ — タグ: — chaba @ 17:31

「デカダンス」3話。戦士志願のナツメをカブラギが訓練。「チュートリアルステージ」にて最初はボコボコにやられていたけどだんだんまともに戦えるようになり、右腕の義手も3本指から5本指にバージョンアップ。あとデカダンスの成り立ちについてもまた語られる。さらに幼少時に父と別れたときの重傷で一時心肺停止から蘇生されていて、それにより死亡と判定されてどうやらシステムの管理から外れているらしいことが示される。

古い投稿 »

Powered by WordPress