chaba log2

2020/06/23

球詠 12話

カテゴリー: アニメ — タグ: — chaba @ 16:37

「球詠」12話。ついに最終回。梁幽館との熱戦に決着が。試合後のそれぞれの表情とかまで描ききれなかったのは残念だけど、そのぶん試合描写に専念してくれてた印象です。特に希と芳乃のシーンをじっくりやってくれたので、主役が誰だか解らんレベルだった。いやもう敵方含めて全員主役でいいですよもう。今回は最終回だけあってか、決めの表情とかいつになく作画も気合い入ってたような気がします。上のサムネイルの希とか。本当に楽しませて貰いました。原作が溜まったら2期やってほしい。そのためにはBD購入ですか…

2020/06/16

はめふら10話 & 球詠11話

「はめふら」10話。突然、令嬢たちに悪事の数々を糾弾されるカタリナ。しかしそれは根拠に乏しいガセネタで、その令嬢たちが闇の魔力にとらわれていることに気づいたマリアが一人で調査に動いて失踪。見つからないマリアに落胆するカタリナの前に、ついにラスボスが現れる…

「球詠」11話。梁幽館との激戦続く。基本原作そのまんまなんだけど、一部配球が違ったりしてたらしい? それはさておき、作画が時折怪しいこともあるけど決めるところはガツンと決めてくれるところは良い。特に最後の中田渾身の打席は熱かった。芳乃がいろいろ考えすぎて混乱する中で黙って後ろで見守る監督がよく出てくるけど、表情がいちいち違うのがなんかおかしい。次回最終回か。ずっと見ていたい。

2020/06/09

球詠 & 波聞 10話

カテゴリー: アニメ — タグ: , — chaba @ 13:42

「球詠」10話。ついに始まった梁幽館戦。初回の攻防からじっくり描いてくれてなかなか熱い。各選手もだけど、これだけ双方のマネージャー視点でじっくり戦術を描き出す作もなかなか無いような、ってそんなに野球ドラマを知ってるわけでもないですけど。今回特に、タマが元相棒の変貌(昔は感情を剥き出しに投球していたけど今は冷静)を感じて「でも今の私が好きなのは…」とヨミを見る場面が好き。チェンジになるのでタマの防具を芳乃と共に持って待ってるのだけど、その楽しそうなアホ面がたまらん。プレッシャーのかかる舞台でもひたすら楽しんじゃってるヨミが頼もしい。ずっと見ていたいけどあと2話か。その後も期待したいけど原作がまだ全然、続きやるほど無いのよね… やるにしても年単位で待つ必要がありそう。

「波よ聞いてくれ」10話。光雄と会ったことをミナレから聞いて盛大に落ち込む中原。そんな中でラジオ番組に光雄との会話録音を提供、それを利用して「伝説の音効」を起用した生放送が始まる…

2020/06/02

球詠 9話

カテゴリー: アニメ — タグ: — chaba @ 18:15

「球詠」9話。前回から引き続き影森戦、息吹が相手投手のアンダスローをコピーして見せたことで動揺を誘ってそこから崩し、見事勝利。そして次なる相手は強豪・梁幽館。「他の作品が終盤になってどんどん作画落ちてきてるのにコレだけは上がってる」と言われる作画、特に今回は希や息吹の作画が良かったみたい。残りたぶん3話で、梁幽館の強者たちをどれだけ描けるか。
そういえば「ハチナイ」アプリでもうすぐコレとコラボするみたいです。

2020/05/26

球詠 & 波聞 8話

カテゴリー: アニメ — タグ: , — chaba @ 17:36

「球詠」8話。ついに大会開幕、開会式前に珠姫の元カノ今カノ争いになったりしつつ入場行進の堅さで視聴者の動揺を誘い、謎の影森戦へ。重い球でお馴染み理沙先輩の先発で始まり、途中に剣士白菊がパワーヒッターとして覚醒したり、リリーフした息吹のコピー能力が炸裂したりで見所満載。影森側の意図も出たりして話的には問題なく面白いのだけど、相変わらずというか作画が粗っぽい。顔面崩壊気味なのはいつものことだが、今回特に目立ったのは入場行進か。頭部がっしり固定で、「手足が一緒に出てる」とかどころじゃなかった。

「波よ聞いてくれ」8話。ラジオのネタに苦しんで、提供されたのは1話のクマネタだった。その裏ではカレー屋の中原がマキエの兄と対峙。いろんなネタがくんずほぐれつして、最後に元カレ・光雄からのメールで締める。次回修羅場?

2020/05/19

球詠 & 波聞 7話

カテゴリー: アニメ — タグ: , — chaba @ 17:52

「球詠」7話。原作既刊分を読み切ってからの初視聴でしたが、面白かった! 地方大会に向けて抽選引いたら謎の影森高校が相手だったり、ユニフォーム配布で背番号10が芳乃に与えられたり。そのユニフォームを待ちきれずに着用して4人でキャッチボールするシーンも感慨深い。原作読む前にアニメを見始めて、OP冒頭で背番号1~10の後ろ姿が順に出るのだけど芳乃はどうなるんだろうと思ってたら原作のほうで10を貰うシーンがちょっと印象深かったのだけど、それを映像で観ることができました。しかし試合でコーチボックスに立つことはあっても代打や守備に出ることは原作でも今のところ無いのよね。作戦に混乱して「代打私!?」とか妄想しちゃう場面はあったけど。キャッチボールは普通にやってるしノックは上手いみたいだし、今後誰か負傷したりしたら代役に出ることもあるのかな。あるいは進級して後輩が入ったりするんだろうか。選手数がギリギリだから大会で連戦だと疲労が溜まるという描写はあったな。
やっぱり原作を読んだことでキャラの見分けが付きやすくなって好きなシーンもいろいろあるからその映像化も嬉しかったりして、視聴が楽しくなってきました。個人的にいまだ印象が薄いのは二遊間コンビだろうか。今回は2人でぐいぐい脚上げ筋トレしてる出番があったけど。出番の少なさで言えば元剣士でパワーヒッターの白菊ちゃんもそうだけど、試合での決定的な見せ場が早く観たい。
…BD買うのもいいかなと思う程度には気に入ってきてるのだけど各3話収録で定価1万弱か。結構いい値がするのね。「けもフレ」並に1話2000円を切るぐらいなら購入も検討したんだけど。BOXで安く出ないかな…

「波よ聞いてくれ」7話。不審人物の自宅にラジオのネタのために突撃レポート陰陽師。腐肉のしたたる天井裏に潜入したミナレが見たモノとは… サスペンスホラーと見せかけてとんでもないオチに転がっていく展開。凄いわコレ。

2020/05/14

球詠 漫画版

カテゴリー: 漫画 — タグ: — chaba @ 04:26

「球詠」漫画版でアニメ版に追いつくところまで読んだ。漫画版での表現がアニメで端折られているところもあるし、逆にちょっと描写が加わっているところもある。共通しているのは日常描写より野球描写に力が入っていることか。最初の練習試合で例の魔球がワンバウンドになったのを球姫が身体で止めるシーンとか、某キャラの初ホームランのシーンとか。各キャラの見せ場となるシーンがとにかく熱い。なのでこういった表現をアニメ版でも踏襲して、萌え描写より野球描写に力を入れることになってるんでしょうね。
正直、絵柄とかあまり好みでは無かったりもする。いまいちぱっと見でキャラに見分けが付かないし。アニメ版でも各キャラの名前や個性を把握できてな感じもあったので、それを覚えるのにもいいかなと思って読んでみたらしっかり面白かった。最初の練習試合の相手チーム、そのチーム内での人間関係についても漫画版では触れられているのだけど、ニコニコのコメントでこのあたりが端折られているのが残念とされていた理由もよく解った。
しかしちょっと気になるのは、長髪キャラがそのまま髪をなびかせてプレイしてることですね。実際は束ねるなりしないと支障があるんじゃなかろかと。まあそのあたりはフィクションなりというか、キャラの見分けを付けるために許容しないといかんことなのかもしれないが。このあたりは「ハチナイ」でもかなり気になったことで、それが仇となって同作では野球描写がおざなりになっていた印象がある。今後もアニメでは野球描写重視で行って欲しいものです。とりあえずキャラの見分けについてはだいたい付くようになってきた気もするが、まだ若干危ない。

追記:既刊7巻まで読みました。やっぱり野球描写が熱い。皆個性的だけど、特に双子の姉・息吹が時折見せる天才性が気になってきた。妹・芳乃の軍師ぶりも目立つけど、それも万能じゃなくて悩むところも出てくる。敵側も含めていろんなキャラの心情や背景を描いてくれてるのが良いです。あとやっぱり皆楽しそうに仲良くやってくれてるのが良いですね。主役の詠深はどんどんエースぶりが板に付いてきてるけどバッティングが苦手というのがいつもオチになってるし、しかし常に楽しそう。強敵とやるのが楽しすぎて試合中にどんどん調子上げて成長するぐらい。アニメでどこまで描かれるのか解らないけど、今後も楽しみです。

2020/05/12

球詠 & 波聞 6話

カテゴリー: アニメ — タグ: , — chaba @ 17:01

「球詠」6話。希を4番に据えたり、詠深の変化球を試したりして望んだ次なる練習試合。相手投手の立ち上がりを捉えて一気に6得点、そのままリードを守って初勝利。今回は芳乃の采配がやたらと目立っていたような。そして時折挟まれる脱力ネタとか、前回も出た「ゆっくり」的な抜け顔?とかが結構好き。

「波よ聞いてくれ」6話。次回のネタを自分で考えろと言われて苦悩するミナレのもとに不審なFAXが届く。オカルトめいたそれの送り主はかつて泥酔したミナレを自室まで送ってくれてた近所の人だった。その自宅にレコーダー持参で踏み込むミナレ、腐った肉の汁がしたたり落ちるそこは…といったホラー展開で次回へ。

2020/05/05

球詠5話 & かぐや様?4話

カテゴリー: アニメ — タグ: , — chaba @ 17:31

「球詠」5話。前回の練習試合敗北を踏まえて、いろいろ強化するために合宿。さらに投手の控えも用意してさらなる練習試合に挑むも連敗連敗。それでも楽しそうな連中だが、技巧派として期待された希は得点圏で全く打てないという状況に陥っていた。そこで監督と作戦会議した芳乃は、次の試合で希を4番に据えることに…というわけで次回へ。今回というかいつもそうかもしれないけど、油断するとすぐ作画が崩れるのがおかしい。特に教室でだべっているときに「ゆっくり」みたいな顔になってたのは正直ちょっと可愛かった。試合や練習の野球シーンではちらほらとCGが使われてるけど、1人をしっかり描写するときは手描きできっちり描いてる印象。

「かぐや様?」4話。生徒会が任期終了解散して会長と逢えなくなったかぐや、落ち込んでいるのを早坂に揶揄されて、会長を落とせるもんなら落としてみろ!と啖呵を切ったら全力で買う早坂。そしてその次には選挙に挑もうという話。藤原書記が話をややこしくして、コメントではそこらじゅうで「シャミ子が悪いんだよ」と突っ込まれる。その藤原書記が意外に才女なところもうかがわせるが、とにかくハイテンションで突っ走り抜ける面白さ。

2020/04/28

かぐや様?3話 & 球詠4話

カテゴリー: アニメ — タグ: , — chaba @ 18:01

「かぐや様?」3話。月見で童心に帰って邪心から解放されまくった会長に翻弄されるかぐや、生徒会の全任務を終了して寂しさを覚える各員。なんだか今回で最終回になっても良いような綺麗な展開で作画もかなり質が高かったように思うけど、まだ続くみたいです。とはいえコロナ絡みで製作は大丈夫なのかな。

「球詠」4話。強豪校との練習試合。相手投手の立ち上がりをとらえて先制するも立ち直られて以降は締められ、逆に詠深が打ち込まれてしまう。落ち込んだりリカバリーしたりしつつ、各員の個性もそれなりに出ていて良かったですね。原作だともっと背景やら心情やらが描かれているらしく、かなり端折られているみたい。

古い投稿 »

Powered by WordPress