chaba log2

2019/06/12

仙孤さん9話 & ノブナガ & 女子かう生10話

「仙孤さん」9話。グラタン食べたそうにしていた中野のために仙孤さんが隣の高円寺ジャスコに作り方を習う前半、散髪する後半。前半は賑やかだったけど後半はゆっくりまったり。ところでシロはすっかりジャスコ宅に居着いてるのね。仙孤さんが習いに行ったら普通にジャスコ宅でゲームしてたw

「ノブナガ」10話。5人目として森蘭丸(の転生者)登場。男だと油断してたらお前もか!状態。

「女子かう生」10話。眼鏡女子の「しぶ美」が小学生時代、真面目で堅すぎて周辺と衝突することがあったけどマイペースな「もも子」の手助けで救われたという過去話。いい話ではあったけど、しかし学級会議とか喧嘩のシーンとかでサイレントを貫くのはやや無理矢理感はあった。

2019/06/05

仙孤さん8話 & 女子かう生 & ノブナガ9話

「仙孤さん」8話。中野が休みになったので突然の海水浴回。隣の高円寺さんもシロが連れ出して同行、今回珍しく出ずっぱりだった高円寺さんのペンネームが「ジャスコ」だと明らかに。ビーチバレーに興じていたら腰を傷めた仙孤さん、しばしば年寄りネタが挟まれるな。わいわいやってる中で第3のキツネが登場。妖艶な雰囲気を纏いつつ、ちょっと不穏な気配も漂わせる。

「女子かう生」9話。メイン3人のうち1人だけ制服の違う眉毛の子が1年前に転校してきて仲良くなった話。なんというか、ここへ来て初めてストーリーらしいものが見られた気がする。

「ノブナガ先生」9話。話が収束したと思ったらまた混乱。そしてまた光る。

2019/05/29

ハチナイ7話 & ノブナガ & 女子かう生8話

「ハチナイ」7話。いきなり備品崩壊から始まって、みんなでバイトするにゃーと言ってたらバイト先で昔馴染みの先輩に会って勧誘。さらに同好会から部活に昇格するぞー!と申請したら生徒会から刺客、じゃなくて担当者が視察に来る。その先輩2人を中心としたエピソード。作画は時折残念なことがあったけど、細かい演出がちょっと冴えてたり数少ない野球シーンがわりと丁寧に見えたりした。何気に顧問の先生がナイスフォローで有能だったりするのも好感。これで同好会メンバーは11人になり、EDも少し変わってた。

「ノブナガ先生」8話。前回ちょっと面白くなってきた気がしましたが、気のせいだったようです。エロいシーンを画面カバーして無駄トークを重ねるという構成がなんだかひたすら空回りしている感。まだ発光してるほうがマシだったかもしれない。

「女子かう生」8話。バス停で雨宿り。雨に濡れて透ける様が男子生徒の目を引くのだが、これが「みるタイツ」だったらもっとみっちりねっとりした鬼気迫る描画になってたのかなとか思ったりもする。結局バス待ちじゃなくてただの雨宿りだったようだけど、しかしこんな田舎が舞台だったのかね?

2019/05/22

ハチナイ6話 & ノブナガ & かう生7話

「ハチナイ」6話。有原に付いて野球を始めた親友ともっち、実力とともに他のメンバーの意気にもついて行けてないことを実感してしまう。焦って自主練に挑む中でライバル校の神宮寺さんに出会って指導を仰ぐことに。それをメンバーに発見されて浮気発覚みたいな修羅場になったり神宮寺さんが空気になったりするが、しかしクールながら的確な指導をくれたりもする神宮寺さん。やがて仲の修復に至るのだけど、なかなか悪くないシナリオだったのでは。それにしても相変わらずというか省エネ作画を極めている印象。動かさずに止め絵でしのいでいるシーンが非常に多い。これがもっと予算かけて萌え描写やら野球アクションやらがまともだったら大化けしてるんじゃないかとか言ったら言い過ぎか。

「ノブナガ」7話。3人目登場、そしてやっぱり光る。陶器に触れて過去の嫁が出現するという従来の形式とは別に人物に触れることで出現するというパターンもあるということになったが、しかしそうなると一時的に人格を乗っ取られるということでとんでもないホラーだな。ちょっと面白くなってきた気がするのが困りモノ。そして4人目も出てきそうな気配でますますカオスに。

「女子かう生」7話。寒い日の教室で曇る窓に指で落書きする話。「タイツはけよ」なんてコメントもあるが、確かにこれだけ寒そうだとタイツはいたほうが良さそうだな。とりあえず今後もこの調子でゆるーくやっていただきたい。

2019/05/15

ハチナイ5話 & ノブナガ & 女子かう生6話

「ハチナイ」5話。はじめての試合に向けて、ポジション決めてそれぞれ位置についたところで謎の演出が。試合は一瞬好調に見えるも本性を出してきた相手にボロ負けという展開。しかしそれぞれに反省も抱えて頑張っていくにゃーといったところで次へと。ユニフォーム1万円で大騒ぎしていて家が貧乏ということを示唆しているのに専用ネコミミ帽子を装備しているアレは何なんだとは思ったw 相変わらず作画も演出も雑なところが散見されるけど見続けてしまう魅力がある。

「ノブナガ」6話。風呂会。お馴染み発光に加えて新たなる画面隠し技が豪快に登場。

「女子かう生」6話。「みるタイツより好き」というコメントに何故か安心するサイレントアニメ。

2019/05/07

鬼滅の刃 & ノブナガ 5話

カテゴリー: アニメ — タグ: , — chaba @ 16:40

「鬼滅の刃」5話。試練を突破して刀を得て、次回初任務へ。今回わりとおとなしめだったかもしれない。

「ノブナガ先生」5話。2人目こと生駒吉乃が登場。信長の側室として記録の残る史上の人物らしい。Wikipediaを見ると3人の子を産んで正室扱いだったとか、あるいは没年にも諸説あるとか、そもそも「吉乃」が実名ではないとかでなかなかいろいろ興味深い。

2019/05/02

ハチナイ3話 & ノブナガ & 女子かう生4話

「ハチナイ」3話。相変わらず作画が荒っぽいのだけど、徐々にメンバーも増えつつ過去のライバルも登場して青春ドラマが盛り上がってきました。中学時代に活躍して全国大会優勝を果たした主人公がプロ志向でなく「遊び」の野球に転向したのは何故か、そのあたりが次回に明かされる? それにしてもライバルは長髪をくくって試合してるのに主人公は長髪そのままなのがちと気になる。甥っ子の小学生ソフトボールを見に行くと女子選手もわりと見かけた(小学校高学年だと女子のほうが体格良かったりしますものな)けど、長髪の子はくくってましたし。

「ノブナガ先生」4話。開幕発光。現代の稲葉山城へ行き、見覚えのある岩肌や景色で時の流れを実感する帰蝶。城内の展示物を見ていたら新たなるヒロイン登場!?

「女子かう生」4話。ファミレスでのサイレントな熱い攻防。

2019/04/24

ハチナイ2話 & 女子かう生&ノブナガ3話

「ハチナイ」2話。学校内で何かを探し回るメンバー、新入部員を探してるのかと思ったら練習場探しだった。まだ4人しかいないし野球って場所取るから簡単には確保できないよね… そして少し離れた放置グラウンドを地主の好意で借りられることになり、さらには5人目のスズキさんが加入でチームの頭脳となりそう。全体に作画や動きも雑だったり途中でグローブの色が変わったりするけど、ゆるいスポ根といった雰囲気がやたらと好感で観ていて楽しい。とりあえずキャッチボールやりたくなった。みゆはん氏のOPは青春ドラマ感あるし、EDの「どんなときも」もいい締めになってます。作画が雑に感じるのは、ゲーム版のビジュアルを再現しようとしすぎているんじゃないかとも感じた。ゲーム版は基本止め絵で髪とか繊細だし。もう少しアニメ向けに線を減らすなどしても良かったんじゃないかとも思うが、雰囲気変わりそうだし難しいところか。

「女子かう生」3話。なぜかなんとなく観てしまうサイレントショートアニメ。今回は「そうはならんやろ」が飛び交う電車内。この短さだと「てーきゅう」や「弱酸性ミリオンアーサー」を思い出すけど、高速で早口でツッコむ隙も与えず畳み掛けていたあれらと違って、こちらはひたすらゆったりのんびりと時間が流れる独特の雰囲気。むしろコレを30分枠でやられると辛いかもしれない。

「ノブナガ先生」3話。今週も元気に発光するアニメ。とりあえず帰蝶さんの着物が気になる。着替え持参じゃないだろうし、妹が普段着ぐらい用意してやればいいのに。サムネでは「壁ドン」で圧力かけられてるけど、肝の座った武家の娘には何ともなさそう。

2019/04/17

八月のシンデレラナイン & 仙孤さん1話 & 女子かう生 & ノブナガ先生2話

「八月のシンデレラナイン」1話。スマホアプリからのアニメ化、正直全く期待はしてなかったのだけどいちおう観てみたらなんだか意外に好印象。というか情感たっぷりの始まり方にはちと弱い。その後OPがやたら省エネ(止め絵の拡大縮小頻発とか)なのが目立ってたり、作画や演出の雑なところが散見されたりしたけど、しかし未経験者をぼちぼち慣らしていくという流れが妙に好感。眠れる才能の片鱗を感じさせるあたりも。そして学校のグラウンドで練習できないのを生徒会に訴えているところで次回に続くが、とりあえずは仲間集めとか練習場確保とかの準備段階でも時間取りそう。EDが「どんなときも」なのは高年齢層を狙っているんだろうかとかよく解らないところもあるが、全体に意外なほどの好印象だったので次が楽しみ。アプリも放置してるけどちとやってみるか。

「世話やきキツネの仙孤さん」1話。噂のハイパー癒し系アニメ。癒し系というか甘やかし系? 疲れ切ったブラックサラリーマンのもとに「仙孤さん」が降臨してひたすらお世話する話…なのかな。ゆったりと穏やかな時間が流れて、ゆっくり癒やしてくれる感じ。食事中でもゆったり尻尾を動かしたりなど、細やかな描写が心地よい。ED後には「スーパー仙孤さんタイム」と称して1人称視点まで入れてあって、VR化の要望まで出る始末。ついでに本編中では「のじゃおじ」氏への言及が何度も出ていたけど当人は反応するんだろうか。

「女子かう生」2話。相変わらず吐息や感情音?だけで台詞のないサイレントアニメ。3分という短さもあってなんだか観てしまう。萌えるような萌えないような、微妙なコメディタッチも悪くないのかもしれない…?

「ノブナガ先生の幼妻」2話。全裸になると発光するアニメ。と思ったら全裸じゃなくても発光してるしEDでも発光してた。この世界では女体はレインボーに発光するものらしい。

2019/04/10

異世界かるてっと & 女子かう生 & ノブナガ先生 1話

カテゴリー: アニメ — タグ: , , — chaba @ 08:25

「異世界かるてっと」1話。「オバロ」「幼女戦記」「リゼロ」「このすば」の4作がデフォルメキャラで集結して大騒ぎ…になるのかな。本編放映時に並行して「ぷれぷれぷれあです」「ようじょしぇんき」などのセルフパロディでやってきたのを集結させた感じ。コメントでいきなり「なろう系勝ち組の会」とか言われてるが、まあ確かにヒットして2期とか劇場版とか作られてる作品群ではある。それにしてもそういったヒット作を集めているだけあって声優陣がたいそう豪華なことになっております。OPEDもメインキャラに歌わせて賑やか。これで話が面白ければ最高なんですけどどうなんですかね。とりあえず初回は舞台づくりに終始していた感じ。

なんか凄いエンドカード出てたみたい。

「女子かう生」1話。ニコニコでの長さが3分30秒というショートアニメ。原作読んだことがある気がするけどほとんど覚えてないのだが、台詞無しで味を出すタイプの漫画でしたっけ? ともかく今回は「ふふっ」「うーん」とかの程度で全く言葉が無かった。それで味を出せているかはどうにも微妙。作画もそこまで綺麗でもないし、萌えそうで萌えない…?

「ノブナガ先生の幼妻」1話。これも短い、7分30秒のショートアニメ。織田信長の末裔という教師、織田信永が実家で倉庫の整理に行くと信長に嫁入りしてきたはずの斎藤帰蝶が突然現れる。タイムスリップドタバタラブコメ、なんだろうかコレ。ショートアニメがやたら目立つけど、ローリスクローコストでいろいろやろうとしているということなのかな。まあネット配信が当たり前になりつつある昨今、30分というTV枠にとらわれる必要はあまりなくなってきているのかもしれない。しかし作画も演出もいささか雑な印象は否めず、まだ1話なのに。EDは軽快というか軽薄というか、なんか軽い調子で悪くない気もするが。

Powered by WordPress