chaba log2

2019/06/12

仙孤さん9話 & ノブナガ & 女子かう生10話

「仙孤さん」9話。グラタン食べたそうにしていた中野のために仙孤さんが隣の高円寺ジャスコに作り方を習う前半、散髪する後半。前半は賑やかだったけど後半はゆっくりまったり。ところでシロはすっかりジャスコ宅に居着いてるのね。仙孤さんが習いに行ったら普通にジャスコ宅でゲームしてたw

「ノブナガ」10話。5人目として森蘭丸(の転生者)登場。男だと油断してたらお前もか!状態。

「女子かう生」10話。眼鏡女子の「しぶ美」が小学生時代、真面目で堅すぎて周辺と衝突することがあったけどマイペースな「もも子」の手助けで救われたという過去話。いい話ではあったけど、しかし学級会議とか喧嘩のシーンとかでサイレントを貫くのはやや無理矢理感はあった。

2019/06/05

仙孤さん8話 & 女子かう生 & ノブナガ9話

「仙孤さん」8話。中野が休みになったので突然の海水浴回。隣の高円寺さんもシロが連れ出して同行、今回珍しく出ずっぱりだった高円寺さんのペンネームが「ジャスコ」だと明らかに。ビーチバレーに興じていたら腰を傷めた仙孤さん、しばしば年寄りネタが挟まれるな。わいわいやってる中で第3のキツネが登場。妖艶な雰囲気を纏いつつ、ちょっと不穏な気配も漂わせる。

「女子かう生」9話。メイン3人のうち1人だけ制服の違う眉毛の子が1年前に転校してきて仲良くなった話。なんというか、ここへ来て初めてストーリーらしいものが見られた気がする。

「ノブナガ先生」9話。話が収束したと思ったらまた混乱。そしてまた光る。

2019/05/30

仙孤さん & 501発進 7話

「仙孤さん」7話。腰を痛めて仙孤さんに踏んでもらう前半、残業で終電を逃したらシロに送ってもらう後半。前半でお礼にマッサージ返しをしたら「お婆ちゃん声」で笑った。

「501発進」7話。モチ食ったり写真撮ったりストックホルム症候群だったり。とりあえずモチのカビは表面を削っても中身まで侵攻されてたりするから危険です。

2019/05/23

仙孤さん & 501発進 6話

「仙孤さん」6話。シロが乱入してきておはぎを巡るゲームバトルな前半、隣の高円寺さんをお世話したらメイド服を貰っちゃう後半。徐々にキャラをふやして徐々に話を広げていく感じが良いですね。ほとんど2人だけで進行する会もあったけどさすがにずっとそれでは持たないでしょうし。OPにはまだ出てきてないキャラもいるし、これからもじわじわ増えていくのかな。

「501発進」6話。元ネタ知らないままにずっと見てしまう。それなりに楽しい。

2019/05/16

仙孤さん & 501発進 5話

「仙孤さん」5話。何度見てもなんだか涙が出そうになるOPを経て、新たなるキツネ、シロが登場。ってずっとOPには出てたけどようやく登場ですな。とりあえずモフられるのを嫌って退場したけどまたちょくちょく顔出すのかな。そして後半は風呂。ひたすら風呂。ゆったり風呂。この癒やし効果はあのFF11の白魔道士の…何だったっけと思って調べたら「女神の祝福」でした。強烈にパーティメンバーのHPを回復するやつ。戦闘時の窮地を救う手段だけど一気にヘイトも集めてしまうので使い所の見極めが大事なやつ。すっかり名前忘れてたけど、そのぐらいの癒やし効果といったところです。

「501発進」5話。髪切りと歓迎会で大騒ぎ。

2019/05/09

仙孤さん & 501発進 4話

「仙孤さん」4話。休日出勤するつもりが寝坊しちゃう話と、留守番仙孤さんが機械類と奮闘する話と。それにしてもほとんど2人だけで進行するのに話が持つなと思う。次回は他のキツネさんが登場するのだろうか。

「501発進」4話。ハロウィンでドタバタする話だったが、元ネタをいろいろ把握してないせいかよく解らないところが散見。

2019/05/03

仙孤さん & 501発進 3話

「仙孤さん」3話。前半は殴り込んできた隣人を餌付けする話、後半はスーパーへ買い物。仙孤さん1人で買い物に行くの行かないのという話があったけど、しかし仙孤さん手持ちの金で買い物できるのかな。いつの間にか現代貨幣を預かってたりするんだろうか。

「501発進」3話。買い物と料理をめぐるドタバタ。相変わらず元ネタを知らんけどそれなりに面白い。

2019/04/25

仙孤さん&501発進2話 & 異世かる3話

「仙孤さん」2話。部屋掃除したり耳掃除したり、相変わらずのハイパー癒し系。前回は尻尾の動きばかりに気を取られてたけど、今回は耳の動きも細かいのが気になった。素晴らしい。始まったばかりなのにもう放映終了後のロスが心配される仙孤さん、今日も疲れ汚れたオタクたちを癒やし続ける。

「501発進」2話。こちらも掃除ネタ。元ネタはよく知らないけどなんだか楽しくなってきた。元ネタを把握したらもっと楽しくなりそうだが。

「異世かる」3話。ターニャが「神」というワードに反応してアインズを連れ出し、それを追おうとしたアルベドが強制力?により阻止される。そしてどんどん混沌化する世界。どうでもいいがブログにタグ付けようとすると「異世界」でぶわっと候補が並ぶのはちょっと笑う。「なろう」系を始めとして異世界ネタ多すぎ。

2019/04/17

八月のシンデレラナイン & 仙孤さん1話 & 女子かう生 & ノブナガ先生2話

「八月のシンデレラナイン」1話。スマホアプリからのアニメ化、正直全く期待はしてなかったのだけどいちおう観てみたらなんだか意外に好印象。というか情感たっぷりの始まり方にはちと弱い。その後OPがやたら省エネ(止め絵の拡大縮小頻発とか)なのが目立ってたり、作画や演出の雑なところが散見されたりしたけど、しかし未経験者をぼちぼち慣らしていくという流れが妙に好感。眠れる才能の片鱗を感じさせるあたりも。そして学校のグラウンドで練習できないのを生徒会に訴えているところで次回に続くが、とりあえずは仲間集めとか練習場確保とかの準備段階でも時間取りそう。EDが「どんなときも」なのは高年齢層を狙っているんだろうかとかよく解らないところもあるが、全体に意外なほどの好印象だったので次が楽しみ。アプリも放置してるけどちとやってみるか。

「世話やきキツネの仙孤さん」1話。噂のハイパー癒し系アニメ。癒し系というか甘やかし系? 疲れ切ったブラックサラリーマンのもとに「仙孤さん」が降臨してひたすらお世話する話…なのかな。ゆったりと穏やかな時間が流れて、ゆっくり癒やしてくれる感じ。食事中でもゆったり尻尾を動かしたりなど、細やかな描写が心地よい。ED後には「スーパー仙孤さんタイム」と称して1人称視点まで入れてあって、VR化の要望まで出る始末。ついでに本編中では「のじゃおじ」氏への言及が何度も出ていたけど当人は反応するんだろうか。

「女子かう生」2話。相変わらず吐息や感情音?だけで台詞のないサイレントアニメ。3分という短さもあってなんだか観てしまう。萌えるような萌えないような、微妙なコメディタッチも悪くないのかもしれない…?

「ノブナガ先生の幼妻」2話。全裸になると発光するアニメ。と思ったら全裸じゃなくても発光してるしEDでも発光してた。この世界では女体はレインボーに発光するものらしい。

Powered by WordPress