chaba log2

2021/04/02

シンデレラグレイ

カテゴリー: 漫画 — タグ: — chaba @ 05:57

「ウマ娘 シンデレラグレイ」2巻まで読んだ。「ウマ娘」の世界観で、オグリキャップを主人公とした物語です。アニメ本編では時折後ろの方で大量に飯食ってる程度の顔出しですが、こちらでもその健啖家ぶりはいかんなく発揮されてる。そしてひたすらマイペース。地方競馬が物語のスタートとなっていて、本編での華やかさとは一線を画したローカル感というか、一貫した泥臭さが特徴かもしれない。邪魔してくるヤンキーみたいなのがいたり、なかなか芽が出ないウマたちがいたり。さらにウィニングライブもあるのだけど、本編でのライブホールみたいなのはもちろん無くてだいぶ小規模な商店街ステージみたいな感じというか、ある種アットホームとも言えるかもしれない距離感の近さもあったりする。地方でも期待を集めるエリートウマがいて、それとのライバル感もあったりするが、なにしろマイペースなのであまり気にしてないオグリキャップ。前述のヤンキーからの嫌がらせも気にしない、それどころかレース中の妨害も気迫で払いのけてむしろファンにしちゃう底力。上述のウィニングライブで、トレーナーが「ダンス教えてなかった!」とか言ってると盆踊りを披露してみせて一同呆然という場面はオグリのマイペースぶりを示していた。
そもそも身体が弱くてろくに走れなかったけど、母の愛情あふれるケアにより走れるようになったので、走ってるだけで楽しくて満足しているというのがベース。このへんの虚弱性というのは実際そうだったんですかね。頭部の飾りも、ウマ娘やってた母が現役時代に使っていたものを譲り受けたものとなってた。そういうオグリがライバルやトレーナーらとの触れあいの中でだんだんと才能の開花とともに勝利への執着を見せていき、そして2巻では視察に来ていたシンボリルドルフに見いだされて中央へ移籍に。この移籍をめぐる各人の葛藤が実に熱かった。
とにかく泥臭くて熱い。熱さは本編そのままなんだけど、本編だと妨害ヤンキーとかいなかったものな。「ガルパン」に対する「リボンの武者」みたいな…とまではいかないかもしれないが、そのぐらい空気感が違う。これまでは地方が舞台だったけど中央に行っても同じような空気なんですかね。ともかく今後も期待。アニメ3期はコレで、なんて声もあるけど空気感違いすぎてどうなんだろうなとも思う。

2021/03/30

ウマ娘2 13話 & 蜘蛛子11話

カテゴリー: アニメ — タグ: , — chaba @ 18:05

「ウマ娘2」13話最終回。マックイーンの想いも受けて有馬記念に挑むテイオー。錚々たる面々の中で激闘が展開される。本当に熱くて凄かったのだけど、前準備でじわじわ盛り上げるあたりからちょこちょこ小ネタを差しこまれるので泣き笑いで感情が混乱する。そしてレース後はOP曲でウィニングライブ、さらに「うまぴょい」で締める。なにげに「うまぴょい」って電波ソングの体でいてエモーショナルというか妙に揺すぶられるモノがある気がするんですが。多人数コーラスの厚みもあるかもだけど。とにかく大満足でした。楽しませて貰いました。

「蜘蛛ですが、なにか?」11話。禁忌LV10を獲得した結果、世界の真実を知ってしまった蜘蛛子。それに対処するにはもっと強くならねばということで、かつて相手にもならなかった地龍アラバの討伐に挑む。一方の人間サイドでは、勇者パーティが魔王軍との戦闘において「白い女」に瞬殺されたという話を聞く。

2021/03/23

蜘蛛子10話 & ウマ娘2 12話

カテゴリー: アニメ — タグ: , — chaba @ 18:02

「蜘蛛ですが、なにか?」10話。蜘蛛子の冒険と、人間側学園ドラマとの15年のギャップを再び示す。しかし非CGなバトル描画は何だか締まらない感じがしてしまう。人間側が蜘蛛子より弱っちいというのを解りやすくしていたのかもしれないけど。そして蜘蛛子は新たなる進化を迎える。

「ウマ娘2」12話。順調に調整を続けるテイオーとマックイーン、しかし足に違和感を覚えたマックイーンが診断を受けると、不治の病とされる「繋靱帯炎」を発症していることが判明。日常生活には問題無いが強く踏み込むと激痛があり、これでは走れない。失意にもがくマックイーンのもとに、テイオーが駆けつける… 気高く強く美しく走り続けてきたマックイーンの涙に、テイオーの魂が燃える。2人で歌っていたEDが今回入れ替えになっていたのは反則級。

2021/03/16

蜘蛛9話 & ウマ娘2 11話

カテゴリー: アニメ — タグ: , — chaba @ 18:01

「蜘蛛ですが、なにか?」9話。地下バトルを続ける蜘蛛子に最悪の邪神こと「D」がその存在をちらつかせる。一方人間サイドの会話により、蜘蛛子との間に15年ほどのギャップがあることが明かされる。そしてその人間サイドに魔王軍が進軍をかけ、立ち向かった勇者が… 魔王軍の幹部としてついに「白」が顔を見せ、シリアスを増してきたのでEDは省略。

「ウマ娘2」11話。大いに泣かせた次回と打って変わって、だいぶ軽めのネタまみれな回だった。

2021/03/09

蜘蛛8話 & ウマ娘2 10話

カテゴリー: アニメ — タグ: , — chaba @ 17:53

「蜘蛛ですが、なにか?」8話。人間サイドでは前世での風景を振り返ったりしつつ現状確認。一方で蜘蛛子はダンジョンバトルを続けていて、進化の果てに並列思考が4つに増えてますます悠木碧劇場が賑やかなことに。

「ウマ娘2」10話。3回目の骨折ですっかり心が折れてしまい、引退を決意するトウカイテイオー。その意志は固く、トレーナーの要請で最後にミニライブやることに。周囲の様々な反応の中、最もストレートに復活を懇願(というか引退宣言を拒絶)したのがツインターボ。テイオーがいないレースで勝利を見せつけてやる!とチーム面と共に根性の大逃げをテイオーライブの大型モニターに映し出し、その勢いで周囲にも推されて結局翻意のテイオー。
それにしてもツインターボの大逃げにはやたらと泣けた。決してテイオーやマックイーンらのような綺麗な走りじゃない、ヒーヒー言いながらの必死の走りなのだけど、その不格好さがカッコ良すぎて泣けた。ていうか今作、いろいろおかしい演出を入れまくりながら泣かせに来るから困る。あと1期では存在感が極めて薄かったライブ要素をちらちらと演出に使っているのもポイント高いかもしれない。今回もそうだけど、ライスシャワーのエピソードの中でウィニングライブが「針のむしろ」状態なのをちらっと見せたのもなかなか強烈だったし。

2021/03/03

ウマ娘2 9話 & BLACK10話

カテゴリー: アニメ — タグ: , — chaba @ 18:09

「ウマ娘2」9話。猛練習を続けるトウカイテイオー、3度目の骨折。その直前に絶好調の走りを見せていると、「もう、何も怖くない」とか不穏MAXなコメントが走りまくる。ちょくちょく小ネタギャグも入れつつの悲壮な流れに、「原作ひどい」なんてコメントも。仲間の前で笑顔でも耳が折れているという心情表現は独特。

「はたらく細胞BLACK」10話。胃に緊急招集された赤血球、胃潰瘍の厳しい現場に直面。

2021/02/28

「ウマ娘」アプリ

カテゴリー: ゲーム — タグ: — chaba @ 06:12

20210227a 20210227b 20210227c

「ウマ娘」アプリ、ちょこっとだけやってみました。最初のガチャで5人引くのだけど、ダイワスカーレット・ウオッカ・ゴールドシップというアニメでお馴染みの面子に加えて、ハルウララともう1人知らない馬が来てました。最初に引いたのがスカーレットさんだったのでチュートリアルも彼女で進行してましたけど、「パワプロ」的と言われていた育成は確かにそんな感じかもしれない。体力の消耗を見ながらさじ加減していって随時イベントが挟まれる感じで。いまいちよく解ってないところもあるが、育成馬とサポートがあって、さらに殿堂入りとか継承とかもあって、いろんな要素を加えて強化していく形みたい。

しかしとにかくビジュアルは美しく、アニメ版と遜色ないレベルで動きまくります。特に上図左のメイン画面。レースも派手なのだけど、ただちょっと気になったのが上図中央、チュートリアル内でのレースシーン。育成中なので体育服でレースなのは良いんだけど、ウチのスカーレットさんだけ派手な勝負服なのである。ここだと主役も体育服で良いんじゃ無いかと思ったんだけどどうなのコレ?

20210227d

そして勝負の後はウィニングライブ。おそらくはゲームで当初からアイドル要素として構想されていたのだろうとは思うのだけど、これ冒頭デモで錚々たる面々でのレース後にセンターをスペシャルウィークが取っているステージで、左右にサイレンススズカとトウカイテイオーを従えているというアニメ1期の構図なのですね。歌も1期の主題歌だし。このレースからライブまでがいろいろ圧巻で、なんだか涙が出てしまいました。コレを自分の育成したウマ娘がセンター取ってライブしてたら感動もひとしおでしょうか。

2021/02/23

細胞!!7話 & ウマ娘2 8話

カテゴリー: アニメ — タグ: , — chaba @ 18:10

「はたらく細胞!!」7話。がん細胞との闘いが続く一方で、乳酸菌を連れた細胞も混乱の中に迷い込んで大変なことに。

「ウマ娘2」8話。迫る天皇賞、実力で勝るメジロマックイーンに追いつくために、ライスシャワーは己を追い込む。「鬼神が宿る」と称されるらしいその鬼気迫るオーラをまとって勝負へ。いつもに増してじっくり描かれた印象のレースが本当に熱かった。数々の史実エピソードを織り込んでいるのがコメントで把握できるのは助かる。明日ついにアプリが配信されるようだけど、ライスシャワーもミホノブルボンもメジロパーマーも人気出そう。それぞれ個性的に描いているのが本当に良いですねえ。

2021/02/16

蜘蛛子5話 & ウマ娘2 7話

カテゴリー: アニメ — タグ: , — chaba @ 17:26

「蜘蛛ですが、なにか?」5話。火山地帯に踏み込んだ蜘蛛子、タツノオトシゴみたいなやつとかナマズみたいなやつに遭遇。激闘の末にナマズの美味さを知る。そして最後には勇者ユリウスが迷宮に踏み込む…

「ウマ娘2」7話。春天皇賞でメジロマックイーンの対抗馬と目されるライスシャワーの話。憧れのウマ娘に追いつきたくて必死に努力して、ついに勝ち取った勝利なのに祝福されず注目馬が負けたことばかり聞こえてしまう、悲しいライスシャワー。すっかり意気消沈した彼女を敗れたミホノブルボンやトウカイテイオーらがなんとか励まそうとする。そして天皇賞への出場を決意するところで次回、しかもライスシャワーの独自EDに。相変わらずいろいろアツい。

2021/02/10

ウマ娘2 6話 & BLACK7話

カテゴリー: アニメ — タグ: , — chaba @ 18:10

「ウマ娘2」6話。マックイーンに敗れ、ついでに負傷もしてすっかり意気消沈のトウカイテイオー。トレーナーはなんとか再奮起させようと躍起になる。その裏ではミホノブルボンやライスシャワーらの激闘もあったり。

「はたらく細胞BLACK」7話。活性酸素の話では、普段他人を罵倒している赤血球が罵倒される立場に。相変わらず罵詈雑言の多い話だ。そこからエナジー飲料によるカフェインチャージの功罪が語られてわりと(いつものことながら)怖いことに。

古い投稿 »

Powered by WordPress